ここから本文です

ドルトDF、プレミア移籍が急きょ破談…負傷を抱えたままシーズン突入へ

フットボールチャンネル 7/21(木) 12:38配信

 ドルトムントのセルビア代表DFネベン・スボティッチは、プレミアリーグが急きょ破談になったようだ。独紙『キッカー』が伝えている。

 トーマス・トゥヘル監督のもと出場機会を得られなかったスボティッチは、800万ポンド(約11億3600万円)の移籍金で今季からプレミアリーグに昇格するミドルスブラへの移籍に迫っていた。

 しかし、肋骨骨折の手術を受けなければならないため、2016年の試合は全て欠場することになるという。これにより、ミドルスブラへの移籍は叶わなくなった。

 2008年にマインツから加入したスボティッチは、度重なる負傷も相まって昨季のリーグ戦出場はわずか6試合。トゥヘル監督の構想から外れつつあり、さらにシーズン前半を棒に振ることになってしまった。

 まさに踏んだり蹴ったりのスボティッチだが、負傷を抱えたままドルトムントで新シーズンを迎えることになる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 12:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。