ここから本文です

マンU、0円放出のポグバを史上最高額で買い戻しへ! ユーベは130億円を丸儲け

フットボールチャンネル 7/21(木) 14:00配信

 マンチェスター・ユナイテッドは、ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバの獲得に近づいているようだ。英紙『ガーディアン』、伊メディア『カルチョメルカート.com』など複数のメディアが報じている。

 報道によれば、移籍金は9200万ポンド(約130億円)とされている。これまでの移籍金史上最高額はクリスティアーノ・ロナウドがユナイテッドからレアル・マドリーに移籍した際の8000万ポンド(約112億8000万円)だったが、成立すればこれを塗り替えることとなる。

 ポグバはユナイテッドの下部組織出身で、サー・アレックス・ファーガソン監督(当時)のもとトップチームに昇格。しかし、公式戦出場は7試合に留まるなど、出場機会を得られないまま契約満了となり退団。

 その後、2012年夏に出場機会を求めてユベントスにフリーで移籍すると、その類稀な才能が開花。4シーズンで公式戦通算178試合に出場して34得点43アシストを決め、ユベントスのリーグ戦4連覇の立役者となった。

 14/15シーズンにはチャンピオンズリーグ決勝にも進出し、先日行われたEUROではフランス代表の一員として決勝戦も戦っている。

 昨季から背番号10を背負うなど、いまや世界最高のセントラルミッドフィルダーにまで成長を遂げた。

 今回の移籍が成立すれば、0円で獲得したポグバを売却することで130億円を丸儲けすることができる。世界最高の選手を手放すことは痛手だが、ビジネス的には大きな成功事例といえるだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 14:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。