ここから本文です

レアル、クロアチア代表MFがわずか1年で余剰人員に!? 新戦力到来なら放出へ

フットボールチャンネル 7/21(木) 16:30配信

 レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチは、新加入選手がやってくれば移籍することになりそうだ。20日付け『マルカ』が報じた。

 2015年夏にインテルから3000万ユーロ(約35億4000万円)の移籍金で加入したコバチッチは今季公式戦に34試合出場しているが、先発出場はたった11試合で平均出場時間は41分と期待されたパフォーマンスを見せられなかった。

 ラファエル・ベニテス前監督(現ニューカッスル)からジネディーヌ・ジダン監督に変わっても絶対的な存在にはなれなかった。

 マドリーはこの夏の移籍マーケットでバレンシアのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス獲得間近であるとされており、さらにエスパニョールにレンタル移籍していたMFマルコ・アセンシオの復帰が確実となっていることから、コバチッチの今季の出場時間はさらに減ることが予想される。

 そのため、余剰人員となるコバチッチはクラブの移籍第一候補となっており、レンタル移籍を模索しているというが、コバチッチ自身は残留を希望しているという。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 16:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。