ここから本文です

ゲッツェ、古巣ドルトムントに3年ぶり復帰決定! 香川らと強力攻撃陣を再結成へ

フットボールチャンネル 7/21(木) 19:09配信

 ドルトムントは現地時間21日、バイエルン・ミュンヘンからドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの4年間となる。

 独メディアの報道によれば、移籍金は2200万ユーロ(約26億円)とされている。ゲッツェは2013年夏までドルトムントに在籍しており、3年ぶりに古巣復帰となった。

 ゲッツェはドルトムントの下部組織出身で、2010年にトップチームに昇格。日本代表の香川真司らと強力攻撃陣を結成し、2010/11と11/12シーズンのリーグ2連覇を達成した。

 その後、2013年にバイエルンへ移籍。ライバルクラブへの移籍ということで批判も浴びていたが、公式戦通算114試合36得点24アシストを記録して3度のリーグ優勝をもたらした。

 また、2014年ブラジルワールドカップ決勝のアルゼンチン戦では延長戦に劇的なゴールを決め、ドイツ代表を優勝に導いている。

 今夏のドルトムントは主将のマッツ・フンメルス(バイエルン)やヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド)ら多くの選手が他クラブに移籍している。

 主力退団が相次いでいたドルトムントだが、ゲッツェの復帰は5年ぶりのリーグ優勝に向けて大きな戦力となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 22:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革