ここから本文です

コパ・リベルタドーレス決勝、第1戦はドロー

フットボールチャンネル 7/21(木) 21:50配信

 エクアドルのインデペンディエンテ・デル・バジェとコロンビアのアトレティコ・ナシオナルによるコパ・リベルタドーレス決勝の第1戦は1-1のドローに終わっている。21日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

 ファイナル第1戦は現地20日(水)、ボカ・ジュニアースやリーベル・プレートといった強豪を破り勢いに乗るインデペンディエンテのホームゲームとして、エクアドルの首都キトのエスタディオ・オリンピコ・アタウアルパで行われた。

 先制したのは、アウェイのアトレティコ。35分にFWオルランド・ベリーオがペナルティエリア外中央から豪快に放ったシュートがゴールに突き刺さる。一方、敗色濃厚だったホームのインデペンディエンテが、自陣に引いて守るアトレティコの壁を崩したのは87分。後方から、GKとDFラインの間に放り込まれたフリーキックをGKが処理できず、こぼれ球をエクアドル代表DFアルトゥーロ・ミナが流し込み、同点に追いついた。

 アウェイでの勝ち点3を目前にしながら、引き分けとしてしまったアトレティコのレイナルド・ルエダ監督は、「高地のキトでプレーするという状況で、プレッシャーを激しくかけてくる相手にうまくプレーできた。しかし、いい形で試合を終わらせられなかった」と述べ、「もう少し攻撃的になるだろう」とホームでの第2戦に向けてコメントしている。

 第2戦はアトレティコのホーム、コロンビアのメデリンにて、現地27日(水)19:45キックオフとなる。日本行きのチケットを手にするのはどちらのチームか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 21:56

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。