ここから本文です

湘南前社長の大倉智が立ち上げた新クラブ。「いわきFC」が提唱するサッカーの本当の価値とは?

SOCCER DIGEST Web 7/21(木) 18:00配信

勝負をつけるのは手段。感動の本質は別にある。

 大倉智が容認しがたい違和感に襲われたのは、J1リーグのある試合が終わった直後だった。

 TVの映像は、僅差の勝利を収めた側の監督の様子を捉えていた。大倉は目を疑った。監督があからさまに脱力していたからだ。極度の緊張から解放されて、あるいは目に見えない重荷を下ろし、人目をはばからず安堵のため息をついていたのだ。
 
 監督がここまで追い詰められるのは、やはり正常ではない。それが大倉の率直な見解だった。現在進行中の2016年シーズンのこの出来事は、とうてい受け入れがたかった。大倉は言う。
 
「最後は攻められていたから、なんとか逃げ切ったわけですよ。だとしても、ハァーってなっちゃったあの姿には、すごい違和感があって」
 
 何が監督をそこまで追い詰めていたのだろうか。おそらくは「絶対に負けられない」という強迫観念だ。
 
「周りがあんな精神状態にさせちゃっている。降格が許されないリーグになっていますから。脱力したあの姿が、すべてを物語っていましたよ」
 
「負けられない」と「勝ちたい」では、意味合いがずいぶん異なる。大倉はこう問い掛ける。そもそも、なんのためのプロサッカーなのかと。
 
「大切なのは、何を目的としているか、についての自覚です。勝利がすべて? それじゃあビジョンがなさすぎますよ」
 
 勝利至上主義ともまた違う「負けられない」という強迫観念から、監督を解き放つには何が必要なのだろうか?
 
「経営者の評価軸です。プロスポーツにはどんな力があって、試合で何を提供していくか。評価軸がないままだと、現場の指導者が育ちません」
 
 大倉もまた経営者のひとりだ。「いわきFC」の代表取締役を務める大倉の評価軸は、どのようなものなのか。大倉の認識ではプロスポーツは興行だ。お客様から入場料をいただいて、楽しませるエンターテインメントであって、「絶対に負けられない」と誰かが重荷を背負いこむような苦行であるはずがない。
 
「プロが試合をする究極の目的は、勝利じゃないですよ。お客様に感動してもらいたい。勝負をつけるのは、感動してもらうための手段なんです」

1/5ページ

最終更新:7/22(金) 14:49

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。