ここから本文です

【7月19~20日決定の主な移籍】ネグレド、クラバン、チガリーニ、ジエゴなどが新天地へ!

SOCCER DIGEST Web 7/21(木) 15:08配信

ネグレドは同胞のカランカ監督にエースとして期待される。

■アルバロ・ネグレド
・30歳/FW/スペイン代表
・バレンシア→ミドルスブラ(1年レンタル)
 2015年夏の2800万ユーロでマンチェスター・Cからバレンシアに加入するも、2年間で10ゴールと期待を裏切る。しかし、8シーズンぶりにプレミアリーグを戦う昇格組ミドルスブラに新エースとして迎えられた。同クラブは元スペイン代表DFのアイトール・カランカが監督を務めており、今夏はGKビクトール・バルデス(元マンチェスター・U/移籍金ゼロ)、DFアントニオ・バラガン(元バレンシア/移籍金270万ユーロ)、そしてネグレドと指揮官の同胞を立て続けに獲得している。
 

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

■ラグナル・クラバン
・30歳/DF/エストニア代表
・アウクスブルク→リバプール(完全移籍)
・移籍金:500万ユーロ(約6億円)
 国際的なネームバリューは低いが、ブンデスリーガを熟知するユルゲン・クロップ監督はその統率力、左足のフィード、そして豊富な経験(A代表歴は100試合超)を高く評価して引き抜いた。マルティン・シュクルテル(フェネルバフチェへ)とコロ・トゥーレ(移籍先は未定)が去ったCBのレギュラークラスとして期待する。本人は「プレミアリーグで戦うことはずっと夢だった。そのうえリバプールという素晴らしいクラブの一員になれた。言葉にならないくらい光栄だ」と意気込んでいる。
 

■ルカ・チガリーニ
・30歳/MF/イタリア代表
・アタランタ→サンプドリア(完全移籍)
・移籍金:350万ユーロ(約4億2000万円)
 6年間に渡って司令塔を務めたアタランタを離れたのは、本人いわく「新たな挑戦をしたかったから」。エンポリで名を揚げたマルコ・ジャンパオロを新監督に迎えた新天地では、スパルタク・モスクワに旅立ったフェルナンドに代わる中盤の軸としての役割を担いそうだ。

ドゥダは原口元気の強力なライバルにもなりうる。

■オンドレイ・ドゥダ
・21歳/MF/スロバキア代表
・レギア・ワルシャワ→ヘルタ・ベルリン(完全移籍)
・移籍金:500万ユーロ(約6億円)
 スロバキア代表の一員としてEURO2016にも参戦したファンタジスタ。フィオレンティーナ、ペスカーラ、キエーボなどセリエA勢も狙っていたが、ヘルタ・ベルリンが口説き落とした。背番号10を与えられた本人は「クラブのビジョンに感銘を受けた。ブンデスリーガでの挑戦が楽しみだ」とコメント。本職はトップ下ながらサイドでも機能するだけに、原口元気の強力なライバルにもなりうる。
 

■ロドリゴ・デ・パウル
・22歳/MF/アルゼンチン代表
・ラシン・クラブ→バレンシア→ウディネーゼ(完全移籍)
・移籍金:300万ユーロ(約3億6000万円)
 超絶技巧を駆使したドリブルは逸品ながら、14年夏に加入したバレンシアではなかなか定位置確保には至らず、今年2月には古巣ラシン・クラブにレンタル移籍。ナニの加入もあって新シーズンの構想からも外れ、ウディネーゼに売却された。新天地イタリアで再起を期す。
 

■ジエゴ
・31歳/MF/元ブラジル代表
・フェネルバフチェ→フラメンゴ(フリートランスファー)
 トルコがテロの脅威に晒されていることもあり7月19日にフェネルバフチェとの契約を解消し、同日にフラメンゴと3年契約を締結。12年ぶりに母国帰還を果たした天才司令塔は、現地空港で熱狂的サポーターの大歓声で迎えられた。これには本人も「忘れがたい特別な日だ。興奮している」と喜びを隠さない。
 

最終更新:7/21(木) 15:19

SOCCER DIGEST Web