ここから本文です

京都タワーの高さは地上131メートル その数値は何に由来するか知ってる?

CREA WEB 7/21(木) 12:02配信

Magnificent View #1024京都タワー(京都府)

 京都駅烏丸口を降りた人々を最初に迎えるのは、地上131メートルの京都タワー。市内で最も高い建物で、展望台からは街を360度見渡すことができる。

 東海道新幹線開通と同じ1964年に開業。白い円筒状の外観は、海のない京都の街を照らす灯台をイメージしたもの。高さは、当時の市の人口が131万人だったことに由来するのだそう。

 このタワーの建設計画が発表された際、運営会社には抗議文や勧告文が殺到、反対の抗議集会まで行われたという。完成した当初は、「古都にふさわしくない」「景観を破壊するものだ」という意見が圧倒的に多く、市民には決して歓迎されていなかった。

 開業して50年以上経った現在では、街のランドマークに。京都のほぼどこからでも眺められるこのタワーは、地元の人にとっては、まさに灯台のように、街を見守る存在となっている。

芹澤和美

最終更新:7/21(木) 12:02

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。