ここから本文です

彼女にしぶしぶ付き合っていることTOP10

R25 7/22(金) 7:00配信

恋人の好きなことはなるべく一緒に楽しみたい! そんな気持ちはあるものの、いざ彼女からまったく興味のないことを勧められると困ってしまうもの。内心「つまらない」と思いながらしぶしぶ付き合っている人もいるのでは。では、世の男性たちは彼女のどのような趣味に付き合わされているのだろう? 彼女がいたことのある20~30代の男性200人に聞いた。

〈興味がないのに彼女に付き合ったことがあることランキング〉
(15項目から「しぶしぶ付き合ったことがあるもの」をすべて回答)

1位 興味のない恋愛映画を一緒に観る 19.5%
1位 自分の趣味ではないアーティストの音楽を聞く 19.5%
3位 長時間、ウインドウショッピングをする 16.5%
4位 長電話や、長時間のLINEメールのやりとり 14.0%
5位 自撮りやプリクラを撮る 13.5%
6位 自分の趣味ではない漫画や小説を読む 9.5%
7位 ディズニーランドなどテーマパークへ行く 9.0%
8位 パンケーキなどの流行のスイーツ店に並ぶ 8.5%
8位 カラオケに行く 8.5%
10位 オシャレなカフェで高いコーヒーを飲む 7.0%
10位 美術館、展覧会巡り 7.0%

※参考
しぶしぶ付き合っているものはない 38.5%

「しぶしぶ付き合っているものはない」が38.5%と最多だが、6割強はなにかしらに無理して付き合ったことがある様子。試してみたら楽しかった! という方向にうまく転べばいいけれど、興味が持てない場合は苦痛も大きいはず。そこで、無理して付き合ったことのある123人に対して、「最も苦痛だったことは?」と聞いてみたところ、結果は次のようになった。苦痛に感じた理由やエピソードとあわせてご紹介しよう。

〈彼女に付き合って最も苦痛だったことTOP10〉

1位 長時間、ウインドウショッピングをする 15.4%(19人)
2位 自分の趣味ではないアーティストの音楽を聞く 13.8%(17人)
3位 興味のない恋愛映画を一緒に観る 13.0%(16人)
4位 長電話や、長時間のLINEメールのやりとり 12.2%(15人)
5位 カラオケに行く 8.9%(11人)
6位 自撮りやプリクラを撮る 6.5%(8人)
7位 オシャレなカフェで高いコーヒーを飲む 4.9%(6人)
7位 ディズニーランドなどテーマパークへ行く 4.9%(6人)
9位 パンケーキなどの流行のスイーツ店に並ぶ 4.1%(5人)
9位 美術館、展覧会巡り 4.1%(5人)

【1位 長時間、ウインドウショッピングをする】
「買わないのに見る理由がわからない」(22歳)
「目的もなくいろんな店を歩き回りただただ疲れた」(21歳)
「全てが意味の無い時間に思える」(33歳)
「あまり男性のいないビルやフロアなど居場所がない」(38歳)

【2位 自分の趣味ではないアーティストの音楽を聞く】
「ストレス指数の高いロックを聴き続けた」(27歳)
「メタル音楽が耳障りだった。車の中とかでは聞きたくない」(36歳)
「韓流は嫌いなのに聞いた」(31歳)
「車の中で勝手にかけられていらいらした」(33歳)

【3位 興味のない恋愛映画を一緒に観る】
「寝てしまった」(38歳)
「見てもいいけど時間がかかるから」(26歳)
「意見が合わず、後で喧嘩する」(34歳)
「映画を見る事自体が嫌い」(31歳)

【4位 長電話や、長時間のLINEメールのやりとり】
「電話されると勉強もできず、何もできなくなってしまうのでとっても苦痛だった」(25歳)
「寝たいのに寝られない」(32歳)
「毎朝、毎昼、毎晩面倒」(32歳)
「時間の無駄」(34歳)

【5位 カラオケ】
「面白くないから」(32歳)
「自分は全然うれしくない」(26歳)
「写真が嫌いだから」(24歳)

以降、【6位 自撮りやプリクラを撮る】「ポーズが恥ずかしいです」(38歳)、【7位 オシャレなカフェで高いコーヒーを飲む】「無駄な時間と金を浪費していると感じるから」(33歳)、【7位 ディズニーランドなどテーマパークへ行く】「混んでるところが苦手だから」(34歳)、【9位 パンケーキなどの流行のスイーツ店に並ぶ】「並ぶのはしんどくなる」(28歳)、【9位 美術館、展覧会巡り】「良さが分からない」(39歳)など。

女性たちからの「嫌なら付き合わなくていい!」という怒りの声も聞こえてきそうだが、苦痛とはいいつつも付き合うのは、ひとえに彼女のことが好きだから。女性のみなさん、もし彼氏がつまらなそうにしていても、寛大な心で許してあげてもらえませんかね?

(有栖川匠)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/22(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。