ここから本文です

定食屋の王道メニューあじフライに特製ソースをプラス

東京ウォーカー 7/22(金) 10:00配信

「定食屋さんのメニュー」の代表格のように語られることが多いあじフライ。でも、意外と簡単に作れ、あっつあっつを頬張るおいしさは、ぜひ家庭でこそ作ってみてほしいもの。淡白なあじにはしょうゆやタルタルソースなどを合わせるることが多いが、今回は特製の和風ねぎソースで、ひとひねり。ごはんのおかずはもちろん、ビールのお供にもおすすめだ。さらに、あじには気になるDHAとEPAもしっかり摂れるうえ、コレステロール値を下げるタウリンが豊富いうのも魅力だ。

【写真を見る】アジは目が澄んでいるものが新鮮!

【あじのフライ和風ねぎソース】(1人分429kcal、塩分1.8g、調理時間25分)

<材料・2人分>あじ(三枚におろしたもの)4枚、長ねぎ1本、さやいんげん30g(4~5本)、ミニトマト2個、ころも(小麦粉、溶き卵、パン粉各適宜)、だし汁大さじ2、塩、こしょう、揚げ油、しょうゆ

<作り方>(1)あじは塩、こしょう各少々をふる。ねぎは斜め薄切りに、いんげんは両端を切り落として長さを半分に切る。(2)あじに小麦粉、溶き卵、パン粉の順にころもをつける。(3)揚げ油を中温(170℃)に熱し、いんげんを素揚げして取り出す。次にねぎを入れてほぐすようにかき混ぜ、うすく色づいたら取り出す。最後にあじを入れ、こんがりと色づくまで揚げる。(4)あじといんげん、ミニトマトを皿に盛る。器に(3)のねぎとだし汁、しょうゆ大さじ(1)を合わせ、ソースとして添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/22(金) 10:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。