ここから本文です

「ポケモンGO」の日本配信がついにスタート!

東京ウォーカー 7/22(金) 12:28配信

株式会社ポケモンとナイアンティック社は7月22日、スマートフォン(スマホ)アプリ「ポケモンGO」の日本での配信開始を発表した。

【写真を見る】スマートフォンの位置情報を活用し、プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動する

「ポケモンGO」は、スマートフォンの位置情報を活用し、現実世界そのものを舞台として、ポケモンの捕獲や交換、バトルを体験できるゲーム。プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動して、プレイヤーが現実世界を移動すると、ゲーム内でも同様に移動する点が特徴となっている。アメリカをはじめ、一部の海外版は既にリリースされ、高い注目を集めていた。

日本配信の際には、開発者がメッセージを発信。ナイアンティック社のCEO(最高経営責任者)を務めるジョン・ハンケ氏は、「わたしたちが創りたいゲームは、みんなが家の外に出て、もっと歩き、新しい場所へ向かい、友達と楽しむゲームです。そんなゲームで遊ぶことは、人生をより豊かに、そして世界を良い方向へ変えると信じています」とコメント。「ぜひ、ポケモンGOを遊んで、外に出て、顔をあげてまわりを見渡し、世界そのものを楽しんでください。安全に気をつけることも忘れずに!」と語った。

また、ゲームの世界観の構築、音楽、デザインで参加した開発本部長の増田純一氏も「日本のみなさん、大変長らくお待たせしました。ポケモンGOが日本で遊べるようになりました。みなさんが見ているこの世界が、いつもより豊かに新しく見えたら嬉しいです」と話している。【東京ウォーカー】

最終更新:7/22(金) 12:28

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。