ここから本文です

国際賞を受賞した「昔話法廷」が新シリーズ放送!

Smartザテレビジョン 7/22(金) 18:16配信

NHK Eテレで8月3日(水)から5日(金)にかけて「昔話法廷」が放送される。

'15年に放送されて好評を博したドラマの新シリーズ。昨年の放送分はドイツ・ミュンヘンで2年に一度行われる子ども番組のコンクール「プリ・ジュネス」で、全てのノミネート作品を視聴した世界各国の子どもたちの投票により第1位となり、11~15歳部門で「国際子ども審査員賞」を獲得。

【写真を見る】検察官はアリを問い詰めていく

本作は「もしも、昔話の登場人物が訴えられたら…!?」をテーマに、子どもたちになじみの深い昔話をモチーフにした15分の法廷ドラマ。今回は3編を放送し、「アリとキリギリス」「舌切りスズメ」「浦島太郎」を毎日1作ずつ放送する。

3日(水)放送の「アリとキリギリス」では、検察官(ミムラ)が、キリギリスを見殺しにしたアリが「保護者責任者遺棄致死罪」で有罪に当たるかどうか法廷内で争っていく。

4日(木)放送の「舌切りすずめ」では、検察官を国仲涼子が務める。舌を切られた仕返しにおばあさんを殺そうとした罪に問われるすずめを国仲が追い詰めていく。すずめの声は大後寿々花が担当。

5日(金)放送の「浦島太郎」では、危険な玉手箱を使って浦島太郎を殺害しようとした乙姫(清水くるみ)は実刑か情状酌量で有罪か、検察官(奥貫薫)と弁護人(平田満)が争い、裁判員(光宗薫)が判断を下していく。

本番組は、最後に“判決”が出ないことが特徴。夏休みの朝に、家族で不思議な裁判を見て自分なりの“判決”について話し合っていくのもいいかもしれない。

最終更新:7/22(金) 18:26

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。