ここから本文です

中川翔子、ドラクエ舞台「父に見てもらいたかった」

Smartザテレビジョン 7/22(金) 19:14配信

超大型ライブエンターテインメントショー「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」が本日初日を迎えた。風間俊介や中川翔子、芋洗坂係長などを出演者に迎え、ゲームさながらのリアルなショーを展開した。

【写真を見る】プロジェクションマッピングを駆使したリアルなゲームの世界を再現

ストーリーは完全オリジナルで、「ドラゴンクエスト3~そして伝説へ~」の世界観をベースに、過去のシリーズに登場した人気キャラクターが総登場する。ゲームさならがに列をなして歩いたり、シリーズではお馴染みのスライムが敵として登場するなど、舞台空間でゲームの世界を再現。また、「メラゾーマ」などの攻撃呪文を唱えると、プロジェクションマッピングの技術を活かした派手な演出が展開され、観客の度肝を抜いた。ワイヤーを使ったアクションシーンも豊富で、ジャンプ切りやとび蹴りといったゲームならではのシーンも見事に再現していた。

ラストはマーチングバンドが登場し、ゲーム中の楽曲を演奏。感動的なフィナーレとなった。なお、開催地域と連携し、全国各地の学校からマーチングバンドが参加するなど、地域連携の試みもなされている。

派手なアクションシーンを展開した中川は記者会見で「30年間愛され続けたゲームがついにショーになります。映像とシンクロさせる演技はスクリーンの中に入ると自分では見えないので、とても難しいのですが、すぎやまこういち先生の紡ぐ歴史ある音楽も相まって、目を閉じてもゲームシーンが浮かんでくるくらいなんです。唯一、自分がお客さんとして見られない!!というのに悶絶しています。子供のころに楽しい!と感じていただけでなく、特に親子がテーマになっているので、大人になった今だから分かる感情もたくさんあります。特に私は父を早くに亡くしているのですが、ぜひ父に見てほしかったです」と思いを語った。

最終更新:7/22(金) 19:14

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。