ここから本文です

国連中心主義という幻想、いや妄想

BEST TIMES 7/22(金) 15:00配信

「日本は近い将来、移民政策を見直す必要に駆られる可能性がある」と国連は考えているというが、そもそも日本人は「国連」という組織をどのように考えているのだろうか。外交評論家の加瀬英明氏から話を聞いた。

  日本では、国連に対して宗教的なといえるような信仰心を、いだいている者が多い。

  しかし、もし、戦後、国連を「連合国」と正しく訳し続けていたとしたら、日本で今日のような国連信仰がひろまることがなかったに、ちがいない。残念なことである。
「鰯の頭も信心から」といって、鰯の頭のようなつまらないものであっても、信仰してしまうと、ひどくありがたいものとなるといわれるが、まさに日本の国連信仰に当てはまる。
 日本の地方のなかに、地域興しの一環として、国連機関を誘致することを、望んでいるところがあるが、「連合国」であったとしたら、そうするものだろうか。
 一九七五(昭和五十一)年に、日本政府が税金を使って誘致して、東京に国連大学が開設された。しかし、もし、「連合国大学」だったとしたら、誘致することはなかったろう。
 私自身は、国連に好意を抱いてこなかった。国連は、好意が抱けるような国際機関では、とうていなかった。
 国連の神経中枢は、安保理事会であって、創立当時から、安保理事会で拒否権を持つ、アメリカ、ソ連、イギリス、フランス、中国の五つの常任理事国の足並みが揃わないかぎり、国連の意志が麻痺してしまう。国連は国際危機に当たって、頼りになるような存在ではない。

◆国連信仰と非武装中立論への憧れの根は同じ

 日本ではつい五、六年前まで、「国連中心主義」という言葉が、国民の頭を支配していた。
 ところが、困ったことに、「国連中心主義」という奇怪な言葉は、英訳することが、まったくできない。
 首相が施政方針演説を行うと、外務省が英訳して、在京の諸国の大使館に配布する。長いあいだにわたって、首相の施政方針演説のなかに、「国連中心主義」という言葉が、きまったようにでてきた。英訳しようがないために、仕方ないから、「国連を重視する主義」と訳していた。
 国民の多くの者が、「国連中心主義」という幻想というよりも、妄想にとりつかれて、日米防衛関係や、日本独自の防衛努力を軽くみてきた。
国連は、五つの常任理事国の意志が一致しないかぎり、機能しないから、中心を欠いている。
「国連中心主義」といってみたところで、いったい中心がないものを、どうして中心にすることが、できるものなのだろうか。中心がないものに、寄り掛ったとしたら、大怪我する。滑稽だとしか、いえない。
 国連はスロットマシンに、よく似ている。
 スロットマシンは、さまざまな果物の絵があって、把っ手を引いて、同じ果物の絵が一列に並ぶと、当たりになって、硬貨が出てくる。
だが、よほどの僥幸に恵まれないかぎり、同じ絵が一つに並ぶことはない。
「平和外交」という言葉も、英語に訳することができない。外交は、平和的な手段を用いて、交渉することだ。
「馬から落ちて、落馬した」というようなものだ。戦後の日本人は、何でも上に「平和」をつけさえすればよいと、思っている。
 安保理事会の五つの常任理事国には、「拒否権」が与えられており、自分にとって都合の悪い決議を、葬ることができる。
 中国か、ロシアが日本に対して攻撃を加えた場合に、日本が国連に訴えて、泣きついたところで、中国か、ロシアが、かならず拒否権を行使するから、国連は日本を見殺にする。
 これまで、日本に国連信仰が根を張ってきたが、非武装中立論に対する憧れと、同じものだった。
 アメリカが、国連の産みの親だった。国連が結成された時には、世界平和にとって重大な問題について、安保理事会の五つの常任理事国が協調することを、前提としていた。
大戦後は主要国が、同じ価値観を分かち合うという、大戦が終結する直前のアメリカの誤った楽観から、生まれたものだった。
 国連も、人間が作ったものであるから、まさか、神性を帯びているようなものではない。
 国際政治も、子供の世界も、まったく変わらない。そう思ったほうが、国際政治をよく理解できる。

文/加瀬 英明

最終更新:7/22(金) 15:27

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。