ここから本文です

【ビジネスマナーQ&A】夏休み ─ 不倫疑惑のあるふたりが同じお土産を買ってきた時の正しい対応法は?

Suits-woman.jp 7/22(金) 17:30配信

夏休みのお土産のマナーについて紹介している今月のビジネスマナーQ&A。今回は、広告会社にお勤めの月野春子さん(仮名・29歳)からの質問をベースに考えてみたいと思います。


「5月の連休明けのことなんですが、部内で不倫のウワサのある男性上司とお局先輩のお土産が同じだったんです。厳密に言うと、お土産そのものは違うんですが、“これ、みんなで食べるように”と上司から託されたお土産の紙袋と、お局先輩がお土産を入れて出社してきたビニール袋の店の名前が同じだった。気付いたときにはギョッとしたし、とりあえず、スマホで撮影しておきました。このような場合、部下の私たちはどんな態度をとるのが正しいのでしょうか」

不倫の事実を暴くのはリスキー

では、鈴木先生に答えていただきましょう。

月野さんの上司とお局先輩は大きなミスを犯したといえます。不倫のニュースが話題になっているご時勢、先日もNHKの地方アナウンサーの方が不倫スクープによって職場を追われたという報道もありましたね。不倫している人たちは戦々恐々としているはず、というのは思い込みで、会社で不倫が問題になるのは、社員の不倫が会社の信用問題に関わるときのみ。仕事が円滑に進んでいるのであれば、個人のプライベートには関与せずという企業も少なくありません。

月野さんの会社はどうでしょうか。事を荒立てたところで、不倫しているふたりへのペナルティーよりも、あなた自身が職場で肩身の狭い思いをしたり、「ウワサ好きな人」として目をつけられたりというリスクのほうが大きい場合だってあります。ここは、静観の立場が正解です。くれぐれも、撮った画像をSNSに投稿したりしないでください。それこそ、あなたの立場が危うくなります。いかなる内容でも、社内の情報を社外に勝手に発信してはいけないと思ってください。内部告発は軽い気持ちで行なうものではないのです。

お局先輩の策略にハマるなかれ

もしかしたら、お揃い不倫土産は、お局先輩の「私、結婚できないんじゃなくてしないんです」という、不倫だって幸せですからアピールなのかもしれません。2人の関係の認知を部内で高めて、妻の座を狙っているのかも。そのような場合、お局先輩は月野さんたちが話題にしてくれることを望んでいる可能性もあります。でも、それに乗ってはいけません。だって、うっかりなのか、本気なのか、実際のところはわからないですよね。たとえ、先輩の策略だったとして、それが失敗に終わってしまった場合、「あなたたちが余計なことをしたせい」と責められることだって考えられます。いずれにしろ、関わらないことが最大の防御。知らないふりをするのが大人のマナーなのです。

1/2ページ

最終更新:7/22(金) 17:30

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ