ここから本文です

キルスティン・ダンスト、新作映画『ザ・ベル・ジャー』で大作監督デビューへ。

VOGUE JAPAN 7/22(金) 22:00配信

女優キルスティン・ダンスト(34)が新作映画『ザ・ベル・ジャー』で大作の監督デビューを果たすことになった。デッドラインによれば、シルヴィア・プラスによる同名小説を映画化する本作で、主人公のエスター・グリーンウッドをダコタ・ファニングが務め、キルスティンは現在ネリー・キムとともに脚本に取り掛かっているところだという。

キルスティン・ダンストの関連フォトギャラリー。

1963年にヴィクトリア・ルーカスというペンネームで初版が発刊された小説『ベル・ジャー』は、ニューヨークの雑誌社にインターンとして採用された若い女性エスターを描く物語だ。大都会で生活を始めたエスターだったがなじむことができず、精神病を患い、マサチューセッツ州の実家に舞い戻る。その後文学部へ出願するも入学が認められなかったために、自身で小説を書こうとするがそれも上手くはいかず、次に何をしようかと不安を抱え、うつの状態へとどんどん陥ってしまう。

これまでに、キルスティンは2007年作『II ウェルカム』と2011年作『B*****d』のショートフィルム2編の監督を務めたことがある。

Text by Bangshowbiz

最終更新:7/22(金) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

なぜ今? 首相主導の働き方改革