ここから本文です

コリジョンルール新基準運用で混乱はおさまるか?「捕手を守る」意識統一で判定を【小宮山悟の眼】

ベースボールチャンネル 7/22(金) 11:00配信

新ルールの問題点と変更点

 今季から導入されたコリジョンルールが、その運用法を巡って物議を醸している。

 捕手と走者の衝突を防止するための新ルールは、導入以前からある程度の混乱が懸念されていたが、今季前半戦でその杞憂は現実となってしまった。

 混乱を招いている問題点は、以下の2点に絞られるだろう。

【1】 審判によって判定にばらつきがあること。
【2】 ビデオ判定によって、試合がストップしたり、試合時間が延長すること。


「これまでは完全にアウトになっていたタイミングのケースが、セーフになる」という違和感は、大した問題ではない。慣れることで、いずれは解決できるからだ。

 だが、審判の判定基準が統一されなければ、当然、試合は混乱してしまう。そして、映像検証でたびたび試合が中断するようでは、試合への興味を失わせることにもつながる。

 問題の早期解決を図るためにNPBは、7月16日に臨時の規則委員会を開催。選手会とも交渉を重ねて、22日の試合より新しい基準でコリジョンルールを運用すると発表した。

 運用法を見直すだけなので、ルール自体が変更になるわけではない。

 これまでは、捕手がランナーの走路に入ったかどうかを厳格に適用してきたが、これからは「走者が明らかに守備者に向かい起きた本塁での衝突プレイや、守備者が明らかに走者の走路を妨害して起きた本塁でのプレイ(衝突を含む)」(※NPB発表の原文まま)の場合に適用されることになる。つまり、例えば送球が逸れて、捕手がランナーの走路に入らなければ捕球できなかった場合には、適用されなくなるわけだ。

 これで問題が完全に解消されるかどうかさだかではないし、シーズン中の導入に賛否もあるだろう。ただ現状よりもスムーズに試合が進むようになることだけは確かだろう。

 特に2つの問題点のうち、【1】の審判によって判定にバラツキがある点に関しては、かなり改善するのではないか。

 そもそも、何のためにコリジョンルールが導入されたのか?

 このポイントを抑えられれば、審判の見解も統一されるはずだ。

1/2ページ

最終更新:7/22(金) 13:07

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。