ここから本文です

【7月22日~24日セ・パ第27節展望】7月わずか1敗の日本ハムはオリックスと。阪神は西岡故障の穴を誰が埋めるか

ベースボールチャンネル 7/22(金) 12:38配信

<セリーグ>

3位・DeNA(6勝1分)- 2位・巨人(7勝1分) 横浜スタジアム

 次週には首位広島との戦いを控えている両者。是が非でも、この3連戦は勝ち越したい。DeNAは初戦の先発に今季6勝を挙げている左腕の石田を立てる。巨人戦は3試合に登板し防御率は4点台と高めだが、まだ黒星はついていない。2戦目は巨人戦2勝の井納、3戦目はルーキーの今永が復帰との情報だ。特に今永が復帰すれば注目の登板となる。打線は前節2試合4本塁打の筒香が末恐ろしい存在感を見せた。勝負所でしっかり打てている点を見落としてはいけない。初戦の相手先発が菅野だけに、ここ一番という場面での対決に注目したい。筒香の状態が良いだけに、その前後を打つ打者がカギになる。

 巨人は前節の阪神戦を3連勝で飾り、チーム状態がいい。初戦先発の菅野は今季のDeNA戦では波乱含みの投球をしている。その相手にどんなパフォーマンスを見せるのか、筒香との対決も含めて大いに楽しみたい。2戦目は大竹寛が濃厚だ。低めを丹念につく投球で、好投を続けている。先発陣の枚数は豊富ではないだけに、ベテラン右腕には期待が高まる。打線は前節の阪神戦で、チャンスを確実に生かす攻撃を見せチームがまとまりだした。阿部が勝負どころでバッティングスタイルを変えてくるなど、隙のない所を見せている。1、2番の出塁さえ増えてくれば、もっと楽な戦いができるはずだ。二軍で復帰している立岡、寺内らユーティリティプレーヤーをうまく使いたい。

1位・広島(11勝)- 6位・阪神(4勝) マツダスタジアム

 広島は前節1敗こそしたものの、3試合で20得点を挙げて好調をキープ。連敗中の阪神との対戦とあって、しっかり星を積み重ねたい。初戦の先発はハーラートップの野村が上がる。精密機械のようなコントロールを駆使しての頭脳派ピッチングは玄人好み。投球に意図が感じられ、楽しい投手だ。2戦目の先発は黒田の予定だ。日米通算200勝へ王手をかけて3度目の挑戦となるが、ホームスタジアムで果たしたい。3戦目は当初、戸田の予定だったが、左手首を痛めて登板を回避し、中村恭、福井らがスタンバイするとの情報だ。打線は、新井の勢いが止まらない。月間MVP候補にも選ばれているだけに、このまま好調をキープしたい。

 阪神は前節3連敗に加えて、西岡が故障で今季絶望が有力視されるなど明るい兆しは聞こえてこない。こういう時こそ、投打で引っ張る存在が必要だ。今季、これまで調子の上がらない二人にその存在となってもらいたい。「投」では初戦の先発を任されている藤浪だ。物議をかもした161球を投じて以来となるペナントレ―スの登板となる。果たして、あの“クレイジー”な投球数から藤浪がどう立て直してくるのか注目したい。岩貞らも不調を脱し切れていないだけに、まずはエースが復調したい。「打」はやはり鳥谷が引っ張らなければならない。関西メディアからの批判をこぞって受けているが、そんな時期は過ぎている。西岡が離脱した今だからこそ、鳥谷への期待を高めていくべき時だ。北條、原口ら若手に勢いをもたらすリーダーシップを発揮してほしい。

4位・中日(6勝)- 5位・ヤクルト(9勝) ナゴヤドーム

 大島がサイクルヒットを達成する活躍もあり3連敗を逃れた中日は、ここから巻き返したい。初戦の先発はバルデスが上がる。そう大崩れのないピッチャーで、ゲームメイクはできるだろう。早い回に得点を取ってあげれば、波に乗ってくるはずだ。2戦目は吉見の予定だ。中6日のローテーションになってからは初めて日曜日以外の登板になるが、多くの投手をつぎ込めないため、長いイニングを投げてもらいたい。3戦目はルーキーの小笠原か。打線は前節、大島が活躍したことで、チャンスメイクの形が一つできたと言えるかもしれない。平田、ビシエド、ナニータの主軸は安定感こそないものの、力強い。堂上や福田らも怖さがある。先発陣がゲームを作る展開で、先手必勝を目指したい。

 前節、DeNAに打ち負けたヤクルトは投手陣に踏ん張ってもらいたい。初戦の先発は館山が上がる。故障上がりの館山は、徐々に調子を上げてきている。今季初勝利をつかみ取り、チームに勢いをつけたいところだ。2戦目はおそらく山中か。変化球を駆使した幻惑投法で中日打線を翻弄したい。3戦目はケガからの復帰2戦目となる由規が予定される。館山とともに、復活星をつかみたい。一方の打線は、川端が故障離脱したのは意外に大きい。代役の今浪は好打者だが、どちらかといえば6番タイプだ。山田の前後がキーになるだけに、川端の不在をどうカバーしていくのか、真中監督の手腕も注目しどころだ。とはいえ、打線はまだよい方だ。いかに投手陣が踏ん張るかだろう。

1/2ページ

最終更新:7/22(金) 13:13

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。