ここから本文です

20代後半はツラいよ。誰にでも訪れるクオーターライフ・クライシスを乗り越える方法

ライフハッカー[日本版] 7/22(金) 20:10配信

あなたが20代半ば~30代なら、人生でも最悪の時期を過ごしているかもしれません。アイデンティティーの混乱、間違ったゴール設定、希望の減退...。なかには私のように、喪失感や不安、パニックを感じている人もいるでしょう。「クオーターライフ・クライシス」とは、人生の4分の1が過ぎた時に訪れる幸福の低迷期のことです。

もし、今のあなたがこの時期にいるなら、あなたはひとりではないし、苦しみを減らすためにできることはたくさんあります。

私のクオーターライフ・クライシス

私が戦っている怪物には頭がたくさんあります。正しいキャリアを歩んでいるだろうか...。あの仕事を辞めるべきではなかったのでは...。将来、自分のキャリアに満足できているだろうか...。こんな疑問がいつも脳内を駆け巡っています。私は高校を卒業してから、IT関連、警備員、大工、金の採掘、ショップ店員、レストランの店員、プロの俳優まで、さまざまな分野で10以上の仕事に就いてきました。

現在はライターをしていて、仕事は気に入っていますが、これが正しいキャリアなのかはわかりません。この1年半のうちに、新しい街に引っ越し、4年続いた恋愛を終わらせ、アパートを3つ変えました。変化を起こすたびに、鏡を見ながら自分に問いかけてしまいます。「俺はいったい何をやっているんだ?」 本当なら今ごろ、「今週の夢の仕事人」になっているはずなのに...。とてもじゃないですが、思い通りの人生を生きてきたとは言えません。

若さが指の間からこぼれ落ちていくような焦燥感を覚える一方で、早く大人としての安定を手に入れたいとも痛切に感じます。ときどき、身がよじれるような恐怖や不安が襲ってきます。とにかく、「大丈夫」な状態になりたいと、息苦しいほどに願っているのに、どうなれば「大丈夫」なのかはよくわかりません。ただ、そう感じているのは私ひとりではないことはわかります。この怪物は「クオーターライフ・クライシス」と呼ばれ、多くの若者にとって非常にリアルに感じられるものです。

あなたも私と同じ感覚に苦しんでいるなら、人生のこの時期がなぜこれほど荒れるのかを理解することが、助けになるかもしれません。Happifyのチーフ・データサイエンティストで、『Ride of Your Life: a Coast-to-Coast Guide to Finding Inner Peace』の著書でもあるラン・ジルカ氏は、世間が20代後半から30代前半の若者をどう扱っているかに原因があると話します。あなたが、学校を卒業したばかりか、社会人になったばかりの人だとします。一人暮らしをして、初めて経済的な自立を果たしました。しかし、あなたがこれほど頑張っているのに、世間からは矛盾したメッセージが送られてきます。年配の人々はあなたを「子供」扱いし、大人として認めてくれません。見下されている感じさえするかもしれません。

世間から一人前の大人として扱ってもらえないなかで、「本物の」大人に移行していくのは簡単ではありません。「詐欺師症候群」のような症状が現れてくることもあります。ジルカ氏が言うとおり、早く本当の大人にならなくてはと焦り続けている状態から抜け出せなくなるのです。そして、無理をしてあれこれ手を出し、ことごとく失敗するはめになります。

1/6ページ

最終更新:7/22(金) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。