ここから本文です

“レアル“のモラタ、3シーズンぶりの古巣に「夢のようだ」

フットボールチャンネル 7/22(金) 7:20配信

 3シーズンぶりに古巣レアル・マドリーに復帰したアルバロ・モラタは、その心境を「夢のようだ」と語っている。21日、スペイン紙『アス』が報じている。

 スペイン代表の一員として、EURO2016に参加していたモラタは、少し遅れてチームの遠征先のカナダ・モントリオールに到着。3シーズンぶりのマドリー合流を果たした23歳は「再びここにいるのが信じられない。夢のようだ。ここでプレーするのを望んでいた。全てを勝ち獲れるようがんばりたい」と胸の内を明かした。

 そして、2シーズンを過ごしたユベントスについて「ユベントスでの2年は信じがたいものだった。本当に多くの事を学んだ。もしこの2年がなければ、こうしてここにいられなかったと思うと、本当に感謝の気持ちしかない」と思いを述べた。

 ユベントスでの武者修行を経てマドリーに復帰したモラタ。当初はプレミアリーグなどへの転売が噂されていたが、EUROでも3ゴールを挙げるなど、着実に自身の力をマドリーに証明してきた。欧州王者でのポジション争いは苛烈を極めるが、2シーズンの修行を経た今のモラタなら充分チャンスはありそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/22(金) 7:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。