ここから本文です

初めてのデジタル一眼レフカメラを買う前に、チェックするべき6つのポイント

ライフハッカー[日本版] 7/22(金) 22:10配信

MakeUseOf:趣味で写真を始める初心者も、コンデジからの買い替えを考えている人も、デジタル一眼レフカメラを買うのはおすすめです。しかし、種類がたくさんあり過ぎて、自分に合うものをどうやって選べばいいのか、わからないのではないでしょうか。どのカメラも多くの機能やスペックがあるので、違いを見極めるのは難しいです。今回は、自分に合ったデジタル一眼レフカメラを選ぶために、知っておいた方がいいポイントをお教えしましょう。

画像センサー(撮像素子)

ひょっとしたら、これがカメラの機能でも一番重要かもしれません。それなのに、画像センサーについて知っている人、きちんと理解している人は少ないです。どのデジタルカメラにも、内部に画像センサーがあります。画像センサーは、ファインダーを通して見た画像を記録し、メモリーカードに送ります。画像センサーが大きければ大きいほど、記録できる情報もそれだけ多くなるので、拡大してもより鮮明な写真になります。

画像センサーの一番大きなサイズが「フルサイズ」と呼ばれるものです。フルサイズのセンサーは、35mmフィルムと同じサイズで36mm×24mmです。写真が一番鮮明で高画質になるのがこのサイズなので、フルサイズのデジタル一眼レフカメラはかなり高価です。初心者レベルのカメラの画像センサーは、大体これよりも小さくなります。

カメラのメーカーやモデルによって、かなり幅広く色々なサイズがあります。例えば、「APS-C」というサイズはとても一般的で、初心者~中級者レベルのデジタル一眼レフカメラに多く、23.60mm×15.60mmです(CanonのAPS-Cは22.20mm×14.80mm)。「フォーサーズ」もよくあるサイズで、17.30mm×13.00mmです。

他にもたくさんのサイズがありますが、画像センサーに関して覚えておくべきことは「大きい方が良い」ということだけです。当然ながら、画像センサーの大きなカメラはそれだけ高価なので、画質の良さに対してどれだけお金をかけるかを決めなければなりません。初心者向けのデジタル一眼レフカメラのほとんどは、フォーサーズかAPS-Cで、どちらも価格と画質のバランスは良いです。(レンズによっても変わりますが、まだそこまで心配する必要はないと思います)

1/3ページ

最終更新:7/22(金) 22:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ