ここから本文です

リバプール、22歳の“ニュー・リバウド”獲得に動く。一方で労働許可証の問題も

フットボールチャンネル 7/22(金) 7:50配信

 リバプールが、ポルトガル1部のベンフィカに所属する22歳のブラジル代表MFアンデルソン・ソウザ・コンセイソン(通称:タリスカ)の獲得に動いているようだ。21日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

 同紙によると、リバプールは以前からタリスカに興味を示していたが、現在は交渉段階にあるとのこと。ただ、交渉が成立したとしても過去2年間で十分なフル代表の出場経験がなく、労働許可証の取得は難しい状況にあるようだ。

 タリスカは昨季公式戦34試合に出場し9得点を記録している。ベンフィカのリーグ3連覇に貢献しており、チャンピオンズリーグでもゼニトやバイエルン・ミュンヘンを相手にゴールを決めていた。

 左足の精度が高く、レフティモンスターや左足の魔術師との愛称で知られるリバウド氏にちなんで、ニュー・リバウドと呼ばれている。また、190cmと長身で、高速ドリブルも得意とする。バイエルン戦ではGKマヌエル・ノイアーを相手に直接FKからゴールを決めていた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/22(金) 7:52

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。