ここから本文です

プレミア王者スカウトの”功労者”がエバートンに到着。新天地で有望株発掘目指す

フットボールチャンネル 7/22(金) 8:10配信

 エバートンが21日、レスター・シティのスカウト部門を務めていたスティーブ・ウォルシュ氏がチームに加わったことを発表した。

 ウォルシュ氏はこれまで、ジェイミー・ヴァーディやリヤド・マフレズ、エヌゴロ・カンテなど当時は無名だった選手を発掘している。その功績が認められ、今年5月には2018年までレスターとの契約を延長していた。しかし、今度はエバートンのもとで有望選手の発掘を目指すことになる。

 エバートンは昨季リーグ戦11位だった。過去に一桁順位で終えたシーズンはあるものの、未だプレミアリーグを優勝したことはない。今後、ウォルシュ氏がどのような選手を発掘するかに期待が集まっている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/22(金) 8:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。