ここから本文です

バイエルンの“神DF”がドルトムント復帰のゲッツェにエール 「いつも最高の貢献をしてくれた」

Football ZONE web 7/22(金) 15:15配信

アラバが古巣に帰還した親友を絶賛

 バイエルン・ミュンヘンのオーストリア代表DFダビド・アラバが、ドルトムント復帰を発表したドイツ代表MFマリオ・ゲッツェにエールを送った。スペイン地元紙「AS」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 2013年にドルトムントから移籍してきたゲッツェは、下部組織出身のアラバと親友だったという。

「マリオはチームで一番仲の良い選手の1人だ。ここ2、3年は故障で少し不運なところもあった。でも、彼がピッチに立つたびにいつも最高の貢献をしてくれていたと思う。彼の成績が、どんなに重要な選手か示してくれているんだ」

 フィールド全域をカバーする多様性から、ジョゼップ・グアルディオラ前監督に「我々の神」と崇められたアラバは、ペップ監督の信頼を勝ち取れなかったゲッツェを評価していた。

 ドイツ最高の才能と評されながらもバイエルンのカルロ・アンチェロッティ新監督、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOからやんわりと戦力外通告を出される格好となったゲッツェだが、親友でもあった同僚はその実力を高く評価していた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/22(金) 15:15

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。