ここから本文です

ミランの身売り交渉は来週に決着? バルバラCEOは更迭へ、本田の去就にも影響か

Football ZONE web 7/22(金) 17:30配信

新オーナーのウー氏らが580億円でミランの権利を100%取得

 ACミランは中国人企業グループとの身売り交渉を続けていたが、新オーナーの正体がようやく明らかになった。交渉先は太陽光エネルギーパネル企業「ゴールデン・サンド・リバー」で、新オーナーはソニー・ウー氏らになると、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 13歳でカナダに渡り、アメリカで物理学を研究したウー氏は、フランスワイン愛好家だという。ウー氏と実業家のスティーブン・ゼン氏は共同で、5億ユーロ(約580億円)でミランの権利を100%取得する予定で、シルビオ・ベルルスコーニ会長の娘であるバルバラCEOの更迭は確実で、強化責任者のアドリアーノ・ガリアーニCEOも退任に追い込まれるかもしれないと、同紙はレポートしている。粛清の嵐のなか、ベルルスコーニ会長は名誉会長に退くことになるという。

 その一方で、ウー氏は中国の富豪リストに入っていないために、その財政状況に対する疑いの目も向けられている。ミランの身売り交渉は来週に決着するとレポートされており、日本代表FW本田圭佑の去就も新オーナー登場で明確になるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/22(金) 17:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。