ここから本文です

今夏プレミアで100億円超の“出戻り”連発!? チェルシーが獲得を狙うルカクにも破格の値札が付く

Football ZONE web 7/22(金) 18:35配信

エバートンが流出阻止へ移籍金を105億円に設定 ポグバに次ぐ金額に…

 エバートンのベルギー代表FWロメル・ルカクは古巣チェルシー復帰の可能性が浮上しているが、マージーサイドの古豪はエースの移籍金を7500万ポンド(約105億円)に設定している。実現すれば、合意済みとレポートされているフランス代表MFポール・ポグバのマンチェスター・ユナイテッド移籍に続く、100億円規模の超大型“出戻り移籍”になることが分かった。英紙「デイリー・メール」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 今季からチェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、FWの補強を訴えている。ファーストチョイスは買い戻しオプションによってレアル・マドリード復帰を果たしたスペイン代表FWアルバロ・モラタとされているが、獲得が困難になったことでルカクに狙いを定めているという。

 コンテ監督が信頼を寄せるスペイン代表FWジエゴ・コスタとルカクという重量級コンビの実現も現実味を帯びるなか、エバートンは必死の抵抗を見せている。在籍3シーズンでリーグ戦104試合43得点を挙げたストライカーに、105億円という値札を付けた。

 今夏の移籍市場で100億円規模の移籍が立て続けに決まることになるのだろうか。ジョゼ・モウリーニョ監督が新たに就任したユナイテッドは、2012年に移籍金ゼロで手放したユベントスのポグバを買い戻そうと躍起になっている。フランスメディアの報道によると、移籍金は1億2000万ユーロ(約142億円)に到達するという。

昨夏の移籍金総額1218億円の更新は確実!?

 チェルシーが復帰を画策するルカクの移籍金はポグバにこそ及ばないものの、現時点での英国サッカー史上最高額は優に超えることになる。これまでは14年夏にユナイテッドがレアルからアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン)を獲得した際の5970万ポンド(約84億円)が最も高価な移籍だった。

 TV放映権料の高騰で潤い、選手の移籍金がインフレ状態となっているプレミアリーグ。昨夏の移籍市場ではプレミア20クラブ全体で総額8億7000万ポンド(約1218億円)を選手獲得に費やし、最高記録を更新していた。“爆買い”の波がこのまま続けば、この夏も記録を更新することは間違いなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/22(金) 18:35

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。