ここから本文です

オーバーエイジという諸刃の剣。五輪経験者の助言。過去の代表チームに学ぶ手倉森J

フットボールチャンネル 7/22(金) 11:01配信

 リオデジャネイロ五輪に臨む日本五輪代表が、いよいよ決戦の地ブラジルに入る。日本を飛び立つ直前の7月19日と20日に千葉県内で行われた短期合宿では、オーバーエイジの3人が初めて若いチームメイトと対面。それぞれの武器を発揮し、チーム力をアップさせる化学反応を起こす“触媒”となるために、過去の苦い経験を反面教師にしながら、既存のメンバーとの相互理解を急ピッチで深めていく。(取材・文:藤江直人)

【動画】ダバディ氏が語る若き日の遠藤保仁との秘話&ハリルの素顔

「チームの雰囲気を壊さないようにやっていこう」

 濃紺のスーツに身を包んだ男たちが、決意をみなぎらせた表情を浮かべながら日本を後にしていく。リオデジャネイロ五輪に臨む日本五輪代表が21日午前、羽田空港から決戦の地へ飛び立った。

 経由地のロンドンでMF南野拓実(ザルツブルク)と、移籍が決まったアーセナルとの契約のために渡欧しているFW浅野拓磨が合流。UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦に出場するFW久保裕也(ヤングボーイズ)が合流する今月下旬をもって、招集された全18人が勢ぞろいする。

 出発に先駆けて、19日からは千葉県内で短期合宿が行われている。コンディション調整を目的とした2日間で、オーバーエイジとして招集されたDF塩谷司(サンフレッチェ広島)、DF藤春廣輝(ガンバ大阪)、そしてFW興梠慎三(浦和レッズ)が23歳以下の選手たちと初めて顔を合わせた。

 すでに6月中に五輪代表への招集が内定していたオーバーエイジの3人は、6月下旬に都内でメディカルチェックを受けた後に会食。初めて臨む国際大会となるリオデジャネイロ五輪へ士気を高め、チームをけん引していく誓いを立てるとともに、あることを確認している。

「チームの雰囲気を壊さないようにやっていこう」

 日本サッカー協会から、塩谷と藤春の内定が発表されたのが6月14日。チームメイトたちから祝福されるなかで、藤春はMF今野泰幸からこんな言葉をかけられたという。

「先輩オーラみたいなものを出すとよくないぞ」

 今野はFC東京に所属していた2004年、アテネ五輪に出場している。チームにはGK曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)、MF小野伸二(当時フェイエノールト)の2人がオーバーエイジとして参戦している。

 結果はグループBの最下位で敗退。パラグアイとイタリアに連敗を喫した時点で決勝トーナメントへの道が閉ざされ、ガーナとの最終戦で一矢を報いるのが精いっぱいだった。いまでも苦い記憶として残るアテネ五輪を反面教師として、今野がアドバイスを送ってくれたと藤春は振り返る。

「アテネのときはオーラがすごすぎて、絶対にその人らに合わさないかん、というのがあって。サッカーそのものも変わったと、今野さんは言っていたので」

1/5ページ

最終更新:7/22(金) 12:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。