ここから本文です

バルサ、EURO王者MFを獲得。58億円でレアルとの争奪戦を制す

フットボールチャンネル 7/22(金) 11:24配信

 バルセロナは、バレンシアからポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスを獲得することで合意に至ったことを発表した。21日にクラブの公式サイトが伝えている。

 A・ゴメスは、先日フランスで開催されたEURO2016でポルトガル代表の優勝に貢献した選手の1人だ。

2012年にベンフィカのトップチームに昇格すると、2013/2014年シーズンにはリーグ優勝、国王杯、リーグカップの国内3冠に貢献。その翌シーズンにバレンシアへレンタル移籍すると、完全移籍した昨季には41試合に出場して4得点と7アシストを決めている。

 レアル・マドリーも獲得を狙っていたが、バルセロナが電撃的にその争奪戦を制して同選手と5年契約を結んだ。

 移籍金は明らかにはされていないが、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』5000万ユーロ(約58億円)と伝えている。しかし、2日前にはマドリーが提示していた6000万ユーロ(約69億円)のオファーが断られてたことから、かなり高いボーナスも付けられているようだ。

 バルセロナは、日にちが変わる少し前に「A・ゴメスとは来週サインを交わす予定になっています」と公式サイトで報告。同選手は、MFデニス・スアレス、DFサミュエル・ユムティティ、DFリュカ・ディニュに次ぐ今季4人目の補強選手となる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/22(金) 12:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。