ここから本文です

元レアルDFがクラブ事情を暴露。アルコール依存症に続きチームの序列を明かす

フットボールチャンネル 7/22(金) 12:51配信

 元レアル・マドリーで現在はトルコのシヴァススポルに所属するブラジル人DFシシーニョが、当時のクラブの内部を暴露した。『ESPNブラジル』での番組内で語った。

 2005年から2007年までマドリーでプレーしたシシーニョだが、当時のチームには主将たちのグループが大きな力を持っていたと明かした。

「ロベルト・カルロスが移籍して自分がレギュラーとなり、センターバックのセルヒオ・ラモスが時々右サイドバックでミッチェル・サルガドは3番目だった。しかし(当時の主将のひとりであった現FCポルトのGKイケル・)カシージャスはサルガドがプレーできるように副主将に任命したんだ」

 さらにシシーニョは「そのグループの中心にはグティ、イバン・エルゲラ、カシージャスにラウールがいた。彼らはチームの他のグループを従えるだけでなく、監督やメディアにも大きな影響力を持っていたよ」と当時の序列を暴露した。

 元ブラジル代表のシシーニョは、「1~2杯の酒で満足できる人間ではなく、倒れるまで飲まずにはいられないタイプだった」と重度のルコール依存症であったことを告白。さらに「タバコも1日2箱吸っていた」と明かし、壮絶な過去を告白していた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/22(金) 13:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。