ここから本文です

英2部が披露した新ユニが衝撃のセンス…!「ファンから“鳥のフン”と言われている」

フットボールチャンネル 7/22(金) 20:20配信

 イングランド・チャンピオンシップ(2部)のノリッジ・シティが発表した今季の新ユニフォーム、話題を呼んでいる。

【写真】魅力的すぎる欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 昨季のプレミアリーグを19位で終えたことで2部降格となったノリッジは、黄色と緑をチームカラーとするクラブ。しかし、今回発表されたサードユニフォームが非難の的となっている。

 ノリッジは1部と2部を行き来するクラブだが、プレミアリーグ発足初年度の1992/93にはリーグ戦3位に輝いている。さらにその翌年にはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)でバイエルン・ミュンヘンに敵地で勝利するなど、クラブの一時代を築いていた。

 今季のサードユニフォームは、当時のファーストユニフォームをモチーフにしているという。前回は黄色をベースに白と緑の模様だったが、今回は白をベースに黄色と緑の模様が入っている。

 クラブの商品販売部門の責任者を務めるスティーブ・バルマー=ウォルターズ氏は、「今季のサードユニフォームは名高い1992年~1994年に敬意を表してのものだ。我々はこの特徴的なユニフォームを、白をベースとした独特な見た目で再現したかった。ファンは、我々がこのユニフォームを作るのを楽しんだように、これを着るのを楽しんでほしい」と説明している。

 なお、英紙『ザ・サン』はこのデザインを「ファンからは“鳥のフンのようだ”と言われている」「幸いにも、怒ったファンがこのユニフォームを見ることはほとんどない」などと伝えている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/23(土) 9:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。