ここから本文です

ポケモンGOで恋人ゲットだぜ! 人気便乗の出会い系アプリ登場

Forbes JAPAN 7/22(金) 10:25配信

「ポケモンGO」が配信されるや否や、世界中のアプリ開発者が脳をフル回転し始めた。すでに登場した「便乗アプリ」の中には、「ルアー(おとり)」と呼ばれるゲーム内アイテムを利用して店の集客につなげるとうたうものや、ポケモンが出現する場所をマップ上に表示するものもある。アプリ開発者でない人からは、こんなジョークも飛び出した。「ポケモンGO用の出会い系アプリでも作ったら?」。そこで登場したのが「ポケマッチ(Pokematch)」。3人の起業家が3日間で作り上げた、本物のポケモンGOプレーヤー向け出会い系アプリだ。



プログラミングは新星アプリ開発者のレネ・ローセンとピム・デ・ヴィッテが担当。起業家のトロイ・オシノフが指導役として参加した。デ・ヴィッテは、アプリ発表の場となった掲示板サイト「レディット」で、開発の動機を「出会いとポケモンを同時に探していた友人がいたから」と語っている。

またローセンは「目標は、体目的ではない有意義な出会いを作ること。ポケモンGOはそれに最適だ」と語る。ローセンは、子供でも簡単にマインクラフト用サーバーが作れるアンドロイド向けアプリを開発した人物。デ・ヴィッテら5人と共に立ち上げたゲーム会社ゲット・レックト(Get Wrecked)に所属している。ポケマッチは彼らが初めて手掛けた出会い系アプリだ。

デ・ヴィッテは今月15日に新作アプリのリリースを終えたばかりだったが、休む間もなくポケマッチ開発に取り組んだ。「へとへとだったけど、こういうアイデアをひらめいたときは、とにかく一番乗りに開発・リリースしなければ。デザインやバグ修正はその後でいい。今、必要とされているのだから」(デ・ヴィッテ)

今必要とされている、というのは本当だ。ポケモンGOは今、心身の健康増進効果があるともてはやされ、街中での交流方法を変え、世界中で幸せなポケモン探しの場を作り出している。ポケモンGOのダウンロード数は出会い系アプリ大手のTinder(ティンダー)を超え、ポケモン探し中に素敵な人と出会ったとの体験談も出始めている。さらには、ポケモンGOのプレーヤー同士の縁結びをする「ポケデーツ(PokeDates)」なる有料サイトも登場した。

1/2ページ

最終更新:7/22(金) 10:25

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。