ここから本文です

トランプ応援演説で「ゲイ宣言」の投資家ピーター・ティール、驚愕スピーチの中身

Forbes JAPAN 7/22(金) 19:00配信

7月21日、米大統領選に向けた共和党全国大会のスピーチで、投資家のピーター・ティールは、自身がゲイであることを宣言した。共和党大会のスピーカーが壇上でゲイ宣言を行なうのは、史上初の出来事だ。



「私はゲイであることを誇りに思い、共和党員であることを誇りに思います。しかし、それよりもまずアメリカ国民であることを誇りに思います」

5分間のスピーチの中盤で彼はそのように述べ、大きな拍手に包まれた。

ティールは共和党の政策の全てを支持している訳ではない。彼が推進する同性婚の合法化は、共和党の方針とは正反対であり、現在の共和党は「史上最もアンチLGBT的」と形容されている。共和党は同性婚の合法化への流れを転覆させようとしており、ゲイを転換療法(コンバージョン・セラピー)で治療する試みも検討している。

しかし、ティールに言わせればこのような文化的対立は、さほど重要では無い。経済や国家の安全のほうが大事だという。

「私が子供の頃、大人たちの関心はソビエトをどう打ち負かすかでした。そして、我々は勝利しました。それが今や、世間の関心は誰がどちらのトイレを使うべきかといったものです。そんな事はどうでもいいのです。もっと重要な事があるはずです」

同性婚よりも「経済」が大事

ティールが掲げるのは「国家の再生」というテーマだ。スピーチの前半で彼はシリコンバレーのイノベーションと繁栄について語り、サンフランシスコのベイエリアが、米国の希望の星であると述べた。続けて彼は、米国政府のイノベーションに対する認識の欠如をからかい、軍の施設では未だにフロッピーディスクが使われていることや、政府のソフトウェアが度々故障すると話した。

「このような無様な状態はシリコンバレーから見て受け入れがたい事です。それは政府の観点から見ても同じはずです」

ティールはドナルド・トランプへの投票を呼びかけてスピーチを終えた。

「ドナルド・トランプが偉大なるアメリカの復活を唱える時、それは過去に戻ろうという意味ではありません。トランプは我々を輝ける未来に向かう道に立ち返らせるのです」
--{ティールは共和党候補に多額を献金}--
ペイパルの共同創業者であるティールは、リンクトインやテスラ、スペースX、YouTube、イェルプ、ヤマーなどに投資し、データ分析会社パランティアを共同創業した。また、フェイスブックやスポティファイ、エアービー・アンド・ビーにも資金を投入し、彼の共著「ゼロ・トゥ・ワン」は起業家たちの指南書としてベストセラーになった。

トランプを支持するビリオネアは他に、ラスベガスのカジノ王のシェルドン・アデルソン、投資家のカール・アイカーン、テキサスの銀行家のアンドリュー・ビール、実業家のダーウィン・ディーソン、投資家のウィルバー・ロスらが挙げられる。

ピーター・ティールは今回の共和党大会に参加した唯一のシリコンバレーのテックリーダーとなった。その1週間前には145名のテック系企業CEOらが、Mediumで公開書簡を公開。「トランプはイノベーションに大災害をもたらす」と宣言した。書簡の署名にはコースラベンチャーを率いるビノッド・コースラや、投資家のクリス・サッカ、EBay会長のピエール・オミダイアらが加わっていた。

ティールは27億ドルの資産を持つが、公的書類ではトランプに対する献金額は確認出来ていない。2015年8月にティールは、共和党から立候補した元ヒューレット・パッカード会長のカーリー・フィオリーナに200万ドルの政治献金を行なった。その後、フィオリーナは今年2月に大統領選から撤退を表明した。

ティールは2012年の大統領選でも共和党のロン・ポールに多額の献金を行ない、同年にテッド・クルーズが連邦上院議員選挙で当選した際にも、支援を行なった。

Kate Vinton

最終更新:7/22(金) 19:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ