ここから本文です

アメリカの子供はなぜスナップチャットにハマる? 米国おっさん記者が解説

Forbes JAPAN 7/22(金) 17:00配信

最先端のSNSを使いこなしていると自負する大人は、ティーンエイジャーの流行を追いかけているだけなのかもしれない。スナップチャットを利用する大人の数が急増しているのが良い例だ。10代のユーザーたちは、自分の両親がスナップチャットを使い始めたら興ざめするに違いない。



かく言う筆者も、先日スナップチャットを巡って10代の息子2人から冷たい視線を浴びた。筆者はこれまで、息子たちをフォローする以外はスナップチャットを使ったことがほとんどなかった。息子たちは親からアプリの利用方法を聞かれてあからさまに嫌な顔をしたが、しぶしぶ絵文字やスタンプ、フィルターの使い方を教えてくれた。筆者は、スクリーンショットを撮影すると相手に通知が届くことを息子たちから教わって愕然とした。

「ママには内緒にしておいて。ママは僕らに気付かれているとは知らずに、いつも僕たちの画像をスクショしてるんだ」と息子たちはせがんだが、妻には至急知らせないといけない。

35歳以上の利用者も14%に急増

comScoreによると、3年前まで25~34歳のモバイルユーザーに占めるスナップチャット利用者の割合は5%で、35歳以上になるとわずか2%に過ぎなかった。しかし、現在では前者が38%、35歳以上が14%まで急増している。

18~24歳の利用率もこの3年で24%から69%に増えており、親世代が利用し始めて以降も、若者たちがスナップチャットを使い続けていることが分かる。若年層のフェイスブック離れが進んでいるのとは対照的だが、それはスナップチャットがフェイスブックにはない魅力を持っているからに他ならない。

若者のフェイスブック離れは加速

その一つは、広告の少なさとさっぱりした画面だ。さらに、10代の心を掴んでいるのは、投稿した画像や動画が自動的に消去される機能だ。2013年にcomScoreが調査を開始した当初、若者たちはこぞってフェイスブックを退会し、スナップチャットを使い始めていた。現在でも彼らは瞬間的に楽しむことのできるスナップチャットを好み、フェイスブックには見向きもしない。

筆者の17歳になる息子も、「スナップチャットの方がフェイスブックよりもユーザー体験が優れている。僕は1時間のうち30分以上スナップチャットを使うけれど、フェイスブックは多いときで5分しか使わない。スナップチャットは、フェイスブックのように広告で溢れていないのがいい」と話す。

1/2ページ

最終更新:7/22(金) 17:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。