ここから本文です

【J1展望】横浜×磐田|再び、大差のゲームとなるか

SOCCER DIGEST Web 7/22(金) 19:00配信

横浜――攻守のバランスを意識して。

J1リーグ・2ndステージ5節
横浜F・マリノス-ジュビロ磐田
7月23日(土)/19:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(4節終了時):1位 勝点10 3勝1分0敗 11得点・4失点
年間成績(21試合終了時):5位 勝点32 9勝5分7敗 32得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●前節に引き続き、中村をトップ下に置いた4-2-3-1の布陣で臨む。
●広島戦で腰を強打した齋藤は万全の状態ではないが、先発出場する見込み。
●試合前日の練習で左目の上を裂傷した富樫は、メンバー入りするか微妙な状況だ。
 
【担当記者の視点】
 前節の広島戦で連勝はストップしたが、終盤に追いつくポジティブなドローだっただけに、チームの勢いは衰えていない。磐田には前回対戦で5-1と圧勝を収めている。良いイメージで試合に臨めるはずだ。
 
 ここ2試合で連続2失点と守備の安定感を欠いている。ただ、第2ステージに入ってからの4試合で計11得点と攻撃に自信を深めているのも事実。攻守のバランスを意識して、慎重にゲームを進めながら、勝利を掴み取りたい。
 

磐田――前節・川崎戦の手応えを勝利につなげたい。

J1リーグ・2ndステージ5節
横浜F・マリノス-ジュビロ磐田
7月23日(土)/19:00/日産スタジアム
 
ジュビロ磐田
2ndステージ成績(4節終了時):13位 勝点3 0勝3分1敗 2得点・5失点
年間成績(21試合終了時):11位 勝点26 6勝8分7敗 23得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●前節は首位・川崎を相手に熱戦を演じ、価値あるドロー。
●その川崎戦では、エースのジェイが今季8点目を挙げるなど好パフォーマンス。
●名波監督は「当分は3バックでいくつもり」と明言。横浜戦も前節と同じ布陣で挑む。
 
【担当記者の視点】
 第1ステージの横浜戦は、ホームで1-5の大敗。警戒していたセットプレーから2失点し、その後は、高いラインの裏を突いてくる相手の戦術にハマって失点を重ねた。
 
 無論、同じ轍を踏んではならない。「相手のやりたいことをやらせずに勝つのが理想」と名波監督。まずは、ダイナミックなサイドチェンジやスルーパスで前線のアタッカーを活かす司令塔・中村をどう抑えるか。良い位置でセットプレーを与えないことはもちろん、プレスをひとりで剥がすことができる中村がポジションを下げた時の対処がポイントだ。
 
 前回対戦の4バックから一転、今回は3-5-2が濃厚。同布陣で臨んだ前節・川崎戦は、鋭く裏を突く川崎の攻撃にひるまず高いラインを保ち、結果的にオフサイドを12回奪った。中村、太田のウイングバックとDF陣の息も合い、攻撃でもボールを奪った後の前へのパス回数では川崎を上回り、名波監督が「(サッカーの内容が)ワンランク上がったかなと感じた」と話す好内容。その手応えを、渇望する勝利につなげたい。
 

最終更新:7/29(金) 5:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。