ここから本文です

【J1展望】広島×神戸|好調の攻撃陣同士が激突。打ち合いか、それとも我慢比べか

SOCCER DIGEST Web 7/22(金) 19:00配信

広島――本職不在のストッパーには清水のコンバート起用が濃厚。

J1リーグ・2ndステージ5節
サンフレッチェ広島 – ヴィッセル神戸
7月23日(土)/19:00/エディオンスタジアム広島
 
サンフレッチェ広島
2ndステージ成績(4節終了時):10位 勝点5 1勝2分1敗 10得点・9失点
年間成績(21試合終了時):4位 勝点34 9勝7分5敗 42得点・27失点
 
【最新チーム事情】
●故障から復活した青山は途中出場が濃厚。
●新加入のA・ロペスと野上もメンバー入りか。
●浅野と塩谷離脱の穴を、チームとしてどう埋めるかが課題。
●ストッパーにはWBの清水を起用か。
 
【担当記者の視点】
 昨季のリーグ最少失点チームを支えた強力なストッパー陣(塩谷、水本、佐々木)が全員、チームを離脱してしまった。ストッパーの専門職で練習を続けているのはJ1未経験の大谷だけ。彼の成長は足立強化部長も認めているが、神戸の2トップ(レアンドロ、P・ジュニオール)の圧倒的な存在を考えれば、この非常事態を経験のない選手に任せるのは厳しい。
 
 森保監督は、様々な選択肢のなかで清水をストッパーに起用することを決断しそうだ。彼はかつて、2014年のナビスコカップ準決勝・柏戦でストッパーでプレーしたことがある。当時柏に在籍していたレアンドロとマッチアップし、戦い抜き、チームを決勝に導いた。スピードやバネは抜群で、戦術的な理解も十分に高い。ストッパーとして戦えるはずだ。
 
 キャプテン青山のメンバー入りが濃厚で、指揮官は彼を中盤に入れて森崎和をストッパーに配置する形も試している。ただ、負傷が筋肉系だったことを考えれば、いきなりの先発は難しい。ここは清水の身体能力と対人の強さに懸けるほうが無難だろう。
 
 3試合で9失点という広島にとっては考えられない事態を打破するためにも、清水や宮原といったストッパー経験に乏しい選手たちをサポートするためにも、まずはチーム全体の守備意識を喚起し、6試合・17得点と爆発的な結果を残している攻撃力を勝利につなげたい。

【広島】浅野の後釜はかつてのシンデレラボーイ!? 皆川佑介の悲壮なる決意

1/2ページ

最終更新:7/22(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。