ここから本文です

【J1展望】川崎×FC東京|中村復帰の多摩川クラシコ。叩きのめされるのは――

SOCCER DIGEST Web 7/22(金) 17:00配信

川崎――中村が怪我から早期復帰。攻撃バリエーションの増加に期待。

J1リーグ2ndステージ・5節
川崎フロンターレ×FC東京
7月23日(土)/18:30/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
2ndステージ成績(4節終了時):2位 勝点10 3勝1分0敗 10得点・3失点
年間成績(21試合終了時):1位 勝点48 14勝6分1敗 43得点・18失点
 
【最新チーム事情】
●中村が練習に復帰。まだ100パーセントではなさそうだが、先発復帰へ。
●攻撃時の周囲との距離感について、大久保は「近いところにいてほしい」と話す。
●怪我人の一部が戻った一方、新たな離脱者が追加され、選手が思うように揃わない。
●五輪代表メンバーに選出された大島、原川はチームを離脱中。
●今週、ユース出身の脇坂泰斗、岡田優希、早稲田大のGK後藤雅明が練習に参加。
 
【担当記者の視点】
 多摩川クラシコの大一番で、大黒柱の中村が復帰する。第2ステージ2節の名古屋戦で負傷交代した中村は、全治3、4週間と診断されて3節と4節を欠場。ところが、幸いなことに予想以上に回復が早く、FC東京戦の出場にも目処が立った。
 
 大島不在のボランチに中村が入り、左サイドハーフは2試合続けて橋本が先発の見込み。前節の磐田戦ではボールを保持しながら、オフサイドに何度もひっかかって攻略に苦しみ、最終的に1-1のドローに終わった。中村が舵取りをするなか、シンプルな裏抜けを含めて、攻撃のバリエーションは確実に増しそうだ。
 
 前節後に第2ステージ首位の座から陥落しており、ここで勝点3を積み重ねて再び奪還となるか。ライバルFC東京を叩きのめして、優勝に弾みをつけたい。
 

FC東京――室屋が抜けた最終ラインは…。

J1リーグ2ndステージ・5節
川崎フロンターレ×FC東京
7月23日(土)/18:30/等々力陸上競技場
 
FC東京
2ndステージ成績(4節終了時):12位 勝点3 1勝0分3敗 4得点・6失点
年間成績(21試合終了時):10位 勝点26 7勝5分9敗 20得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●リオ五輪出場の中島と室屋がチームから離脱。
●前節の柏戦では0-1の敗戦も攻撃面に改善の兆し。
●2トップを組むだろうムリキとN・バーンズのコンディションは良好
 
【担当記者の視点】
 年間勝点1位の川崎を多摩川クラシコの舞台で叩くためには、2トップの活躍が不可欠。チャンスメーカーとしてシーズン後半戦は機能している河野の働きもポイントだ。
 
 室屋がリオ五輪で抜けた最終ラインは、右が橋本、左が徳永、もしくは右が徳永、左が小川という組み合わせが濃厚。いずれにしても、川崎の強力な攻撃陣を抑えられるかも見どころのひとつになるだろう。おそらく押し込まれる展開になるだけに、集中を切らさず粘り強くゴールを死守したい。
 
 

最終更新:7/22(金) 19:43

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。