ここから本文です

【J1展望】大宮×新潟|上昇気流に乗るためのきっかけを掴むのはどちらか

SOCCER DIGEST Web 7/22(金) 18:00配信

大宮――新潟の最終ラインに連動してプレスを掛けろ!

J1リーグ2ndステージ・5節
大宮アルディージャ – アルビレックス新潟
7月23日(土)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
2ndステージ成績(4節終了時):9位 勝点6 1勝3分0敗 4得点・3失点
年間成績(21試合終了時):7位 勝点32 8勝8分5敗 21得点・21失点
 
【最新チーム事情】
●前節・浦和戦の負傷で奥井が離脱。左ハムストリング肉離れで全治約6週間。
●奥井と同じく途中交代したマテウスは大事に至らず、新潟戦は出場可能に。
●ここ数試合のパフォーマンスを受けて、横谷のボランチ起用が継続される模様。
 
【担当記者の視点】
 第1ステージでの前回対戦は、大宮にとって今季のワーストゲームと言っていいものだった。立ち上がりこそ悪くなかったが、早い段階で先制され、反撃に出ようとしても中途半端に終わる。結局、最後まで攻守の機能性を取り戻せないまま、不完全燃焼でデンカビッグスワンスタジアムを後にすることになった。
 
 今節はそのリベンジマッチとなる。同じ轍を踏まないよう、試合開始からパワーを掛けていくことはもちろん、戦術的にハマらなかった部分を修正する必要がある。ポイントを挙げるとすれば、新潟のビルドアップに対するプレスだ。
 
 最終ラインの枚数を3枚、4枚と変化させる新潟に対してプレッシャーを掛け切れず、劣勢に甘んじた。チーム全体が共通意識を持って、臨機応変に連動して対応できるかどうかが重要になるだろう。

新潟――新たな司令塔の出現を現状打破のきっかけにできるか。

J1リーグ2ndステージ・5節
大宮アルディージャ – アルビレックス新潟
7月23日(土)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
アルビレックス新潟
2ndステージ成績(4節終了時):18位 勝点0 0勝0分4敗 3得点・7失点
年間成績(21試合終了時):15位 勝点18 4勝6分11敗 22得点・32失点
 
【最新チーム事情】
●前節の仙台戦で敗れ、第2ステージは開幕から4連敗。最下位に沈む。
●仙台戦では、野津田がゲームメーカーとして存在感を示す。
●今週のトレーニングでは、やるべきことを改めて確認することを意識。
 
【担当記者の視点】
 前節の仙台戦を落とし、ついに4連敗。狙いどおりの戦いをピッチで表現できてはいるものの、結果に結びつかないのは綻びや隙が生じているからに他ならない。今週のトレーニングで、大宮対策よりも攻守で自分たちのスタイルを再確認することに重点が置かれたのも、連敗を抜け出すための懸命のアプローチだ。
 
 仙台戦の失点場面ではいずれも人数が十分に足りていながら、あっけなく突き崩された。人任せにならず、周囲をカバーする集中力と組織力が問われている。
 
 もっとも、ポジティブな要素もあった。4-1-4-1のインサイドハーフで初先発した野津田が積極的にボールを循環させ、ゲームメーカーとして存在感を発揮。直接FKでのアシストも含め、得意のプレースキックにも大きな可能性を感じさせた。
 
 新たな司令塔の出現を、現状打破のきっかけにしたい。

最終更新:7/22(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。