ここから本文です

【J1展望】名古屋×甲府|残留を懸けた大一番。未来への勝点を掴むのは? 

SOCCER DIGEST Web 7/22(金) 17:00配信

名古屋――トップ下の和泉に期待。

J1リーグ・2ndステージ5節
名古屋グランパス – ヴァンフォーレ甲府
7月23日(土)/18:00/パロマ瑞穂スタジアム
 
名古屋グランパス
2ndステージ成績(4節終了時):17位 勝点1 0勝1分3敗 0得点・7失点
年間成績(21試合終了時):16位 勝点18 4勝6分11敗 24得点・36失点
 
【最新チーム事情】
●降格圏に沈む甲府との直接対決。次節以降の横浜、広島、浦和との3連戦を考えれば必ず勝点3を掴みたい。
●前節の鳥栖戦で負傷したハ・デソンに代わり和泉がトップ下で先発か。
 
【担当記者の視点】
 前節の鳥栖戦はスコアレスドローで、第2ステージ初の勝点を手にした。しかし、楢﨑のファインセーブがなければ負けていた内容だっただけに守備陣を中心に選手たちは危機感を高めている。
 
 勝点1差で追われる甲府との一戦は、残留を勝ち取るために負けられない一戦だ。今節以降、横浜、広島、浦和との3連戦が控えていることを考えれば、ここで勝点3を掴めなければ、非常に厳しい状況に置かれる。もしかしたら、指揮官交代の引き金になる恐れも……。
 
 注目は前節に負傷したハ・デソンに代わりトップ下に入る見込みの和泉だ。「自分のゴールでチームを勝たせたい」と、頼もしく語るアタッカーの活躍に期待したい。
 

甲府――堅守と新助っ人・ドゥドゥの出来がポイントに。

ヴァンフォーレ甲府
2ndステージ成績(4節終了時):16位 勝点2 0勝2分2敗 3得点・7失点
年間成績(21試合終了時):17位 勝点17 3勝8分10敗 21得点・38失点
 
【最新チーム事情】
●故障中だった主将の山本が全体練習に合流。先発出場が濃厚に。
●三度目の加入が発表されたマルキーニョス・パラナは主力組でトレーニング。
●ニウソンの契約解除が発表される。また、11~12シーズンに在籍したダヴィが21日から練習に参加。
 
【担当記者の視点】
 前節は第1ステージ王者の鹿島相手に善戦したが、依然として年間順位で降格圏から抜け出せずにいる。次節以降、浦和、川崎との対戦が控えている事実を踏まえても、同じく下位に低迷する名古屋との一戦では、少なくとも勝点1は持ち帰りたい。
 
 土台となるディフェンス面は、鹿島戦で3失点を喫するも、ここ2試合では組織的に機能する場面も見られる。守備の要である山本の先発復帰も見込まれるだけに、失点を「0」で抑えたい。
 
 一方攻撃面では、鹿島戦で1ゴールを奪い、鮮烈なデビューを飾った新助っ人のドゥドゥに期待がかかる。高度な技術とゴール前での勝負強さを兼ね備えるこのブラジル人アタッカーを、いかに高い位置でプレーさせられるかがポイントだ。
 
 

最終更新:7/22(金) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。