ここから本文です

ベッカムが「昨シーズンみたいなことは起きない」とプレミア新シーズンを予想! 古巣復権についても語る

SOCCER DIGEST Web 7/22(金) 17:33配信

古巣ユナイテッド復権の鍵は…。

 8月13日に開幕する2016-17シーズンのプレミアリーグは、大物プレーヤーたちの競演もさることながら、ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・U)、ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・C)、アントニオ・コンテ(チェルシー)などの名将たちの参戦で、注目度は例年以上に上がっている。
 
 そんな新シーズンのプレミアリーグを元マンチェスター・UのMF、デイビッド・ベッカムが英国メディア『スカイ・スポーツ』のインタビューで展望。古巣ユナイテッドへの期待も語った。
 
――◇―――◇――
「みんなは見たいかもしれないけど、僕は昨シーズンみたいなことが起こるとは思えない。ユナイテッド・ファンの一人としても見たくないよ(笑)。とりあえず、中立的に見ても昨シーズンのような展開にはならないんじゃないかな? ビッグクラブのどこかが優勝すると思うよ」
 
「ユナイテッドは絶対に上手くいくと思う。ジョゼ(・モウリーニョ)がユナイテッドの監督としてプレミアリーグに戻ってきたのは、素晴らしい動きだと思う。ファン・ハールのことはすごく尊敬していたけど、期待されていたようにはいかなかった。今はユナイテッドにとって新たなスタートだと思う」
 
「ジョゼは自分が何をやりたいのか、どうすればタイトルが獲れるのかを分かっている。それこそが、ユナイテッドの必要としているものだと思う。かつてオールド・トラフォードに来る相手チームは、いつも厳しい戦いを強いられること、負けることを覚悟していた。ユナイテッドはいつだって恐れられるクラブだった。またそういう状態に戻ってほしいね」
 
 

【2016年欧州夏の移籍】新天地を求めた主な選手まとめ

最終更新:7/22(金) 17:33

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。