ここから本文です

【J1展望】仙台×湘南|復調した仙台。下降気味の湘南を叩いて一気に駆け上がりたい

SOCCER DIGEST Web 7/22(金) 18:38配信

仙台――エース・ウイルソンの復調は好材料に。

J1リーグ2ndステージ・5節
ベガルタ仙台 – 湘南ベルマーレ
7月23日(土)/19:00/ユアテックスタジアム仙台
 
ベガルタ仙台
2ndステージ成績(4節終了時):14位 勝点3 1勝0分3敗 3得点・8失点
年間成績(21試合終了時):12位 勝点26 8勝2分11敗 23得点・33失点
 
【最新チーム事情】
●金久保は今週も練習に完全合流できず。復帰はさらに先に。
●キム・ミンテが五輪代表へ合流し、チームを離れる。
●P・ジオゴは紅白戦で右サイドハーフ、FWで試されている。
 
【担当記者の視点】
前節で新潟に勝利し、リーグ戦の連敗を4で止めた。好材料はコンディション不良や負傷で、本来のプレーから遠かったウイルソンの復活だ。新潟戦のゴールで自信を取り戻し、パフォーマンスが見違えるように改善された。紅白戦でもループシュートを決めるなど好調を維持。2試合連続先発出場は堅そうだ。
 
 さらにゴールから見放されていた奥埜も得点を決めた。「あくまでチームの勝利が大事」と謙虚に語るが、今季はなかなかネットを揺らせなかっただけに、新潟戦が持つ意味は大きい。
 
 また、P・ジオゴは紅白戦で右サイドハーフとFWでテストされているが、抜群のスピードで相手DFを抜き去るなど、身体のキレは上々。湘南戦で出場するとなれば、攻撃にアクセントをつける面白い存在になるだろう。
 
 前節の勝利の勢いを確かなものにするため、今節・湘南戦での勝利は不可欠。相手の圧倒的な運動量を撥ね返すパワーとテクニックで、白星を掴みたい。

湘南――“とんでもない5連戦”突入の前に、連敗を止めたい。坪井、藤田征、長谷川が鍵を握る!?

J1リーグ2ndステージ・5節
ベガルタ仙台 – 湘南ベルマーレ
7月23日(土)/19:00/ユアテックスタジアム仙台
 
湘南ベルマーレ
2ndステージ成績(4節終了時):15位 勝点3 1勝0分3敗 1得点・7失点
年間成績(21試合終了時):15位 勝点19 5勝4分12敗 19得点・34失点
 
【最新チーム事情】
●カウンター対策で衰え知らずの坪井が先発か。
●藤田征に期待される突破&クロスからの崩し。
●シャドーがフィットしてきた長谷川に期待!
 
【担当記者の視点】
 2連敗を喫して、チーム状態は再び下降気味だ。神戸戦では手応えは得られたものの、またもノーゴールで敗れてしまった。
 
 今回の仙台戦は、カウンター対策で最終ラインに坪井が先発復帰するか。一方、島村、岡本も好調なだけに、曺監督がどのような人選をするか注目される。
 
 また、キーマンになりそうなのが右ウイングバックの藤田征だ。まず守備を固めて試合に入ってきそうな仙台相手に、立ち上がりから主導権を握ってサイドをこじ開け、急所にピンポイントクロスを放り込みたい。まず、しっかり相手の攻撃を受けてから前に出る、という戦術にするのであれば、奈良輪の先発もあり得る。
 
 そして好材料が長谷川だ。シャドー起用がハマり出し、2列目からパワーとテクニックを生かして、攻撃にダイナミックさをもたらしている。久々のゴールで、チームに勢いを与えてもらいたい。
 
 この仙台戦のあと、川崎、浦和、広島、鹿島、G大阪という、とんでもない5連戦が控えている。その前に最低でも連敗を止め、できれば勝点3を掴み取り、チーム状態を上向かせて、ホームに帰ってきたいところだ。

最終更新:7/23(土) 14:47

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。