ここから本文です

sora tob sakanaが語る1stアルバム

Smartザテレビジョン 7/23(土) 8:00配信

アイドルグループ・sora tob sakanaが7月23日(土)、東京・渋谷のWWWで2周年記念ワンマンライブ「境界線上のサカナ」を開催し、1stアルバム『sora tob sakana』をリリースする。

【写真を見る】sora tob sakana、目標は「月まで飛んで“月面ライブ”」

メンバーの寺口夏花(15)、風間玲マライカ(15)、神崎風花(14)、山崎愛(13)にアルバムの聴きどころなどを聞いた。

【sora tob sakanaのキャラに迫る! より続く】

――そして、1stアルバム『sora tob sakana』はどんな作品ですか?

風間:いい意味で、すごくふざけてる感じの曲もあります。

山崎:相当ふざけてる感じなので、早く聴いてもらいたいですね!

風間:曲の中で遊んでる感じなんですよ。あと、収録される楽曲の一部は「SoundCloud」(音声ファイル共有サービス)で聴けるけど、それとは違う物になっています。新しくアレンジされて、もっといい曲になっていると思います。

寺口:進化したみたいな!

山崎:より個性が出てきた感じはしますね。

風間:ふぅちゃんは特にだけど、みんな声変わりもしてます。最近録ったので、多少はうまくなってると思います!

神崎:「SoundCloud」で聴ける音源って、平日の夜にレコーディングしてて、いつも時間がなかったんです。自分たちでも、ちゃんと納得した曲が出せなかったっていう部分もあって。今回は丸1日レコーディングに使える日がたくさんあって、プロデューサーさんと意見を言い合えたから、めちゃくちゃ楽しくできました。

ふざけたりもできたから、すごく楽しいアルバムになってるんじゃないかなって思います。自分的には、出来上がりに満足してます!

――では、それぞれ聴きどころやお薦めの曲を教えてください。

風間:「Moon Swimming Weekender」です。個人的に1番好きなんですけど、聴きどころは声をかぶせていく「息を~♪止めて~♪空に~♪飛びこんでいく~♪」っていう部分です。すごく面白い感じがして、いいなと思います。楽器の音が止まる部分もあって、すごく面白い曲だなって思います。

山崎:「帰り道のワンダー」はライブで掛け声が入るので、その掛け声がどう録音されているかを聴いてほしいです。楽しい曲だから私たちもちゃんとふざけたので、どう歌っているか期待してもらいたいです。

神崎:個人的に好きな曲は「まぶしい」です。「まぶしい」はキラキラしてる感じなんですけど、他のアイドルさんが言う「この曲はキラキラしてて」っていうキラキラとは違うっていうか。本当にまぶしい感じがするんです。

風間:アイドルのキラキラじゃなくて、宇宙のキラキラみたいな。

寺口:太陽のキラキラ!

神崎:そう、太陽のキラキラ! 個人的に「まぶしい~♪」って伸ばすところが結構高まって、盛り上がるので好きです。あと、アルバムで聴いてもらいたいのは「夏の扉」です。アルバムが発売される時期にピッタリだと思うし、去年の今頃出した曲なので、1年間の思い出とかの気持ちを込めてレコーディングで歌っています。

寺口:「ケサランパサラン」っていう曲があるんですけど、私が曲を作ってくれている照井(順政)さんに1年以上前からずっと「ケサランパサランの曲を作ってほしい!」っていうお願いをしていたんです。で、忘れた頃に作ってくれて、すごくうれしかったから思い入れがあるんですよ。私の中で「ケサランパサラン、まだかな?」、(新曲が届くたびに)「今回も違ったなー」っていうのがあって、1年間ずっとたまってたんです。自分的に1番お気に入りです。

神崎:歌もいいよね?

風間:なっちゃん、後サビ歌うからね。

寺口:CDだとダンスは見えないけど、ダンスもすごくかわいくて、歌詞にも沿ってる感じ。歌もピコピコしてて、そのピコピコしてる感じがすごく好きなので、ぜひ聴いてほしいです。

神崎:ダンスを見に、ライブにも来てもらいたいよね?

――sora tob sakanaの特徴はどこだと思いますか? 個人的には、曲調や歌声が特徴的だなと思ったのですが。

神崎:確かに、みんな個性的な声をしてると思います。

風間:みんなうまいよね。

山崎:すごく“少女”っぽい。

風間:楽しく歌ってますね。

寺口:自分たちの思うままに歌っているので、褒めてもらえるとうれしいです。

神崎:全員、褒められると伸びるタイプ!

寺口:えっ、そうでもない(笑)。

神崎:こういうところが真逆なんです。

寺口:怒られるとくじけちゃうし、でも褒められたら伸びるかっていったらそうでもないんですよ。

神崎:最悪なパターンだね(笑)。

――バランスを取って怒らないとダメなんですね。そして、皆さんの目標「月面ライブ」についても教えてください。

神崎:結成当時に目標の話をしてて、「武道館!」とか「テレビ出演!」とか出たんですけど、「宇宙でライブ」とか規模がどんどん大きくなっちゃって。宇宙だと漠然としてるので、「月面じゃない?」っていう感じになって。最初は火星とかも出てたんですけど、火星よりは月面の方がいいよね。

寺口:sora tob sakanaなので、月まで飛んでいって!みたいな感じです。宇宙の海ですね。

風間:まだ飛ぶこともできてないんですけど、いつかたどり着きたいですね。

寺口:まだ地面の中、マグマ辺りから掘り始めて、ちょっとマグマを抜けたくらいですね。

――ずいぶん深い場所からスタートしてるんですね。では、アルバムを心待ちにしているファンの方にメッセージをお願いします。

寺口:1stアルバムは、今までsora tob sakanaが活動してきた中での集大成っていうくらいの、とてもいい曲が詰まっています。アイドルが好きな方も、そうでない方も楽しめて、“耳が豊かになる”と思うので、ぜひ聴いてほしいです。“耳が豊かになる”っていう表現が1番しっくりきてるんですが…幸せな気持ちになれます!

風間:sora tob sakanaのほぼ全曲が入っています。

神崎:全部違ったタイプの曲なんですよ。人によって感じ方が違うと思いますが、1曲1曲聴くだけじゃなくて、全曲聴いてほしいです。

風間:何回も聴いて、好きになってほしいです。

山崎:聴いてるとハマっちゃうというか、本当に気持ちがフワフワすると思います。そういう感じだから、お仕事頑張ってる人たちに聴いてもらいたいですね。何もかも吹っ飛んで、また明日も頑張れると思います!

最終更新:7/23(土) 8:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。