ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ次戦へブルペン調整「今年最高」。米メディアはエース負担軽減へ補強を訴える声も

ベースボールチャンネル 7/23(土) 6:50配信

コンディションの状態は良好を強調

 現地7月16日、約40日ぶりの登板となったダルビッシュ。結果的には今季初黒星を喫したものの、5回途中を2安打9奪三振2失点の力投を見せた。6月上旬、右肩の違和感を覚えた為に故障者リスト入りしたが、今回のピッチングを見る限り順調に回復した様子がうかがえる。

 ダルビッシュの次回登板は23日のロイヤルズ戦。『Sports Day』のエバン・グラント記者は、23日の登板に向けてダルビッシュが調整を開始した様子を報じた。

 記事内でYu Darvish calls Tuesday bullpen session 'best' he's thrown since surgery(火曜日のブルペンでの登板は、手術以降ベストの感触)と紹介しているように、ダルビッシュの状態は非常に良さそうだ。

 同記者はピッチングコーチのダグ・ブロケイルのコメントを、下記のように報じている。

His extension of his arm made it great. Against the Cubs, he didn't have any problems getting his breaking stuff over for strikes, but he was cutting things off a little on the fastball. Today, he got that extension. Everything was really, really sharp.

彼の腕の伸びが素晴らしい結果につながった。カブス戦では、変化球でストライクを取ることに何も問題はなかったが、速球には少しカットが入っていた。しかし今日は腕の伸びがあったから、すべてのボールが、本当に本当にキレていた。

 ダルビッシュ本人もIt was the best I've thrown this year,(今年最高のピッチング)とコメント。手術以降、一歩ずつ慎重にリハビリを続けてきたが、いよいよ完全復活が近づいてきたようだ。

1/2ページ

最終更新:7/23(土) 6:50

ベースボールチャンネル

ベースボールチャンネルの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。