ここから本文です

すぐに好感度がアップする3つの方法

ライフハッカー[日本版] 7/23(土) 12:10配信

Inc.:「500 Startups」のパートナーであるElizabeth Yinさんのブログに、起業家に向けた単刀直入なメッセージを見つけました。自分を誰かに印象付けたいなら、すぐにポイントを述べるのがベストなやり方です。

“ 投資家に好かれないと、投資をしてもらえません ”

好感度アップが必要なのは、起業家だけではありません。どんな職業であれ、魅力があるに越したことはないのです。

“ 求人に応募するにも好感度が必要です。好感度が低いと、どんなに適格でも仕事を得られないでしょう ”

では、天然の魅力を持たない人は、この厳しい現実をどのように受け止めればいいのでしょうか。

周囲を安心させる天賦の才能を持たないあなたにとって、カリスマと呼ばれる人々は複雑怪奇に思えるかもしれません。でも、Yinさんによると、行動を少し変化させるだけで、すぐに信頼度と好感度を高めることができるそう。以下に、その3つの方法を紹介します。

1. 事実に基づいて売り込む

自慢は嫌われますが、本当の成果は誰もが認めてくれます。ですから、相手に印象付けたいのであれば、あいまいな自慢ではなく、具体的な成果を率直に話しましょう。

ベンチャーキャピタリストとの会話には、「24歳の天才プログラマーがいて、誰よりもコーディングが得意なんです」といった類の話は不要です。もっと単刀直入に、「国際数学オリンピックで金メダル、国際情報オリンピックで銀メダルを取得したことがある開発者がいます」のように言うのがいいでしょう。

2. 懸案事項と正面から向き合う

人は、偽物の完ぺきさよりも、問題のある本物を好みます。ですから、自分の欠点を受け入れて、批判には正面から対処しましょう。

Yinさんは、売り込み時には次のような方法を勧めています。

“ ビジネスに問題が生じたとき、それを隠そうとすれば信頼を失います。それよりも、問題の存在について簡潔に言及し、どう対策しているのか、またはどう対策するつもりなのかを自信を持って議論することです ”

1/2ページ

最終更新:7/23(土) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。