ここから本文です

ツール・ド・フランス第19ステージでバルデがフランスに勝利をもたす

CYCLE SPORTS.jp 7/23(土) 9:49配信

フルーム転倒も総合首位を死守

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、7月22日にアルベールビルからカテゴリー1級のサン・ジェルベ・モン・ブラン山頂までの146kmで第19ステージを競い、ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル)が独走で区間優勝し、フランスに今大会初の区間優勝をもたらした。

マイヨ・ジョーヌを着た英国のクリストファー・フルーム(スカイ)は、終盤の下り坂で転倒して負傷するアクシデントに見舞われたが、チームメートのゲラント・トーマス(スカイ)の自転車を借りてレースを続け、総合首位の座を守った。

アルプス最終日を残して、マイヨ・ジョーヌのフルームは総合2位のバルデにまだ4分11秒差、総合3位に浮上したナイロ・キンタナ(モビスター)には4分27秒差を付けている。しかし、表彰式に現われたフルームは右ヒザをアイシングしていて、落車によるケガの状態が心配だ。

■開催国フランスにやっと区間優勝をもたらしたバルデのコメント「天にも上る気分だ。フィニッシュラインに向かって上るのはピュアな感動だった。総合2位になれてうれしいよ。パリの表彰台を守れるように努力したい」

■第19ステージ結果[7月22日/アルベールビル~サン・ジェルベ・モン・ブラン/146km]
1 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)4時間14分08秒
2 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+23秒
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+23秒
4 ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ/南アフリカ)+23秒
5 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+26秒
6 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+28秒
7 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+28秒
8 ウォートル・プールス(スカイ/オランダ)+36秒
9 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+36秒
10 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+53秒
13 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+56秒
23 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+4分26秒
166 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+31分28秒

■第19ステージまでの総合成績
1 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)82時間10分37秒
2 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+4分11秒
3 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+4分27秒
4 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+4分46秒
5 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+5分17秒
6 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+6分00秒
7 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+6分20秒
8 ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ/南アフリカ)+7分02秒
9 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+7分10秒
10 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+7分42秒
117 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+3時間31分16秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):ラファウ・マイカ(ティンコフ/ポーランド)
■新人賞(マイヨ・ブラン):アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)
■チーム成績(黄ゼッケン):モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞(赤ゼッケン):ルイ・コスタ(ランプレ・メリダ/ポルトガル)

最終更新:7/23(土) 9:49

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円