ここから本文です

パントンの原案に忠実な素材選び。小さな〈パンテラ〉は全11色!

Casa BRUTUS.com 7/23(土) 12:30配信

独自のフォルムと色彩感覚で数々の名作を生み出したヴァーナー・パントン(1926~1998)。彼の代表作の一つである照明〈パンテラ〉にこの秋、ミニ・バージョンが登場する。

パンテラが生まれたのは1971年。当時、パントンは、シェードに金属を使おうと考えていたが、実際に製品化されたものはアクリル樹脂だった。しかし、今回発表された〈パンテラ・ミニ〉は、シェードの大きさを従来のφ40cmからφ25cmとコンパクトにまとめた上で、パントンの原案通りにシェードをスチール製で仕上げているのが特徴だ。

さらにカラーも、パントンが生前にデンマークのトラポルト現代アート美術館で行った「光と色」展のために準備した8色(イエロー、オレンジ、バイオレット、レッド、ピンク、ブルー、ブルーグリーン、イエローグリーン)をベースに、モノトーンな3色(オパール、ブラック、ホワイト)を加え、全11色と豊かなバリエーションを展開。

小ぶりになったことで、シェルフや窓際のちょっとしたスペース、テーブル脇などに気軽に置くことも可能に。北欧デザインに新しい風を起こしたパントンの世界を自由に楽しんでほしい。

text_Hisashi Ikai editor_Akio Mitomi

最終更新:7/23(土) 12:30

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。