ここから本文です

「悲惨なスタート…」「相変わらずの落胆」 ドルト戦で赤っ恥のモウ・ユナイテッドに英紙が酷評の嵐

Football ZONE web 7/23(土) 9:10配信

1-4で惨敗 栄光の7番デパイらスタメン5人が落第点

 マンチェスター・ユナイテッドは国際親善試合インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でドルトムントと対戦。ジョゼ・モウリーニョ新監督率いるチームにとって試金石の一戦だったが、1-4の惨敗を喫した。英紙「サン」はこの試合の採点で先発した11人中5人に10点満点中4点の落第点をつけるなど、3年合計700億円以上の補強費を投入しようとしている衝撃の爆買い軍団を酷評している。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 試合は序盤からドルトムントに主導権を握られ、前半19分にMFカストロに先制点を奪われる。かつてユナイテッドに所属した日本代表MF香川真司にも得点に絡まれた。0-3とされた後半13分にはドルトムントから加入したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが意地の一撃を決めたものの、同41分にカストロにこの日2得点目を決められて万事休した。

 想定外の惨敗ぶりに、英メディアは辛らつだった。「マンチェスター・ユナイテッドのプレシーズンツアーは悲惨なスタートを切った」と切り出し、先発選手をこきおろしている。最終ラインではエクアドル代表DFアントニオ・バレンシアが「20分過ぎに不必要なハンドをして、ドルトムントが追加点を挙げたPKを導き出した」、センターバックのイングランド代表DFフィル・ジョーンズは「クロスに対するポジションミスがドルトムントのPKを導いた」と糾弾された。

モウ新監督も屈辱

 中盤から前線も物足りなく映ったようだ。オランダ代表DFダニー・ブリントについては「ユナイテッドのキャリアを始めた中盤に戻ったがインパクトを欠いた」とバッサリ。MFジェシー・リンガードは「23分の好機は決めるべきだったが、おとなしいシュートでGKに止められた」と評され、そしてオランダ代表FWメンフィス・デパイは「素早く抜け出す場面があったが、クロスで失敗した。相変わらず非常に落胆させ続けている」と一刀両断されている。

 この5人はすべて4点の低評価に終わり、及第点の6点は今季新加入のコートジボワール代表DFエリック・バイリーのみという惨憺たる結果となった。赤い悪魔復権を至上命題に掲げるモウリーニョ監督はタッチライン際でオーバーアクションで指示を飛ばしたが、赤っ恥をかかされた。

 140億円補強で獲得に乗り出しているユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ、中国遠征を回避したスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを欠いた親善試合とは言え、名門復活への道のりの遠さを感じさせる黒星となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/23(土) 9:10

Football ZONE web