ここから本文です

KinKi Kids堂本剛と水樹奈々が同級生トーク 「『勉強教えてあげてもらっていい?』とお願いされた」

リアルサウンド 7/23(土) 11:00配信

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の7月22日放送回に、藍井エイル、絢香、YEN TOWN BAND、NMB48、KinKi Kids、西野カナ、水樹奈々が出演した。

 1番手の西野カナは「自分で自分を応援する自分応援ソングなんです」と語り、「Have a nice day」を披露。2番手に登場したのは、番組から「声優アーティストの女王」と紹介された水樹奈々と、「世界に羽ばたくアニソン歌姫」と称された藍井エイル。水樹は「キャラクターを演じることで曲にシンクロする」と語り「STARTING NOW!」を、藍井は「海外も多いですけど、日本でもしっかり活動していて。日本の文化を海外にしっかりと伝えられればいいです」と述べ、配信チャートで18冠を達成した「翼」をそれぞれ熱唱した。

 3番手の絢香は、「上京が決まって、地元を離れる時に書いた曲」と説明したヒット曲「三日月」を10年ぶりに披露。番組中盤の「Mトピ」では、KinKi Kidsの堂本剛と水樹奈々が堀越高校芸能コースの同期であることが明かされ、堂本剛は「近藤さん(水樹の本名)、すごく大人しかったし、校則の関係もあって話してなかったんですけど、活躍しているのをみて『あれ近藤さんなのかな?』って思ってた」と、水樹がデビューしたことに驚いたことを語った。一方、水樹は「V6の岡田さんが一つ下の学年にいて、私が皆勤賞だったので、堂本くんから『勉強教えてあげてもらっていい?』とお願いされたこともある」と高校時代のエピソードを告白し、KinKi Kidsは「薔薇と太陽」をパフォーマンスした。

 続いて登場したYEN TOWN BANDは、小林武史が「前作に比べてアナログな感じになっている」と新作についてコメントすると、タモリは「20年経って変わったことは?」と質問。Charaが「いろいろ大きくなりましたね。子供とかね。当時は赤ちゃんで、抱っこしながら台詞覚えてましたから」と娘・SUMIREの成長についてコメントし、同バンドは「EL」を演奏した。

 最後に登場したNMB48は、卒業を控えた渡辺美優紀の歴史を振り返るVTRが放送され、母から生電話でメッセージが寄せられたあと、「僕はいない」と、山本が渡辺に向けて作曲した「今ならば」を披露。番組のラストには、渡辺が「最後にこんな風に送り出せてもらえて幸せです」と目を潤ませながらコメントし、番組が終了した。

 堂本剛と水樹の同級生トークが繰り広げられた今回の放送。次回はE-girls、ジャニーズWEST、スピッツ、乃木坂46、浜崎あゆみ、RADIO FISH feat 當山みれい、WANIMAが出演する予定だ。

向原康太

最終更新:7/23(土) 11:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。