ここから本文です

「改革よりも進化を」スペイン代表ロペテギ新監督、高らかに語る

フットボールチャンネル 7/23(土) 9:10配信

 スペイン代表の新指揮官に就任したフレン・ロペテギ氏は、「改革よりも進化を」とその第一声で発している。21日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】魅力的すぎる欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 現地21日、ロペテギ新監督の就任会見が行われた。その中では「長年に渡りスペインサッカー界が成し遂げてきた素晴らしいものを活用していきたい。これまでの代表の素晴らしい財産を無駄遣いしたくない」と述べ、「サッカー界は動いている。過去を誇りに思ってはいるが、我々は今、そして未来を見つめていく」と続けた。

 そして、「もう一度、世界に誇るスペインサッカーで皆さんをワクワクさせたい。いい選手がたくさんおり、代表チームのベースは確固としている。改革する必要はない。進化させるのだ」と語る。

 さらに、「ビセンテ・デル・ボスケ氏以上のお手本はない。彼は模範的な仕事をしてくれた。そして高いハードルを残してくれた。我々はそれらに対し責任感、自覚を持っている」とコメントを残した。

 また、今年1月にはポルトの監督を解任される憂き目も見ているが、「ポルトでの経験は多くをもたらしてくれた。ポルトガル時代の私とは違うことを確信している」と述べている。

 黄金時代のサイクルの終焉を叫ばれる中での就任となり、再建に向けてのハードルは決して低くはない。初陣となる9月1日のベルギーとの親善試合で49歳の新指揮官による新生スペインの全貌が明らかになる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/23(土) 9:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。