ここから本文です

ドルト戦惨敗でモウの爆買い魂に着火!? マンUがハメス獲得に移籍金76億円準備

Football ZONE web 7/23(土) 12:30配信

スペイン紙報じる モウがハメス獲得をリクエスト

 マンチェスター・ユナイテッドの新監督に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のラストピースは、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード)だという。スペイン紙「エル・コンフィデンシャル」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 同紙によると、ユナイテッドの強化部とハメスの代理人が会談を持ち、移籍への意思確認が行われたという。その代理人は敏腕ジョルジュ・メンデス氏であり、モウリーニョ監督の代理人も務める。同じ代理人を持つ2人だけに、情報交換は容易だ。

 特にモウリーニョ監督はハメスをユナイテッドへ引き入れることに前向きで、クラブはまずレアルに対して6500万ユーロ(約76億円)のオファーを出す準備に入ったと報じている。

 ハメスは昨季、練習場までの時速200キロのカーチェイスで警察のお世話になり、さらにこのプレシーズンにはその一件に関する裁判をホームパーティーですっぽかすというピッチ外での問題行動が続いている。レアルの背番号「10」はピッチ内でも大一番でベンチという体たらくが続いているために、移籍話は次から次へと浮上している。

ポグバ、イブラ、ムヒ、バイリーに留まらず?

 モウリーニョ監督は「75パーセントの補強が終わっている」と語り、移籍市場での動きが終盤に向かっていることを示唆している。中国・上海で行われた23日の国際親善試合インターナショナル・チャンピオンズカップではドルトムントに1-4で惨敗したモウ・ユナイテッド。カリスマFWズラタン・イブラヒモビッチらエースが欠場した言い訳もあったが、モウリーニョ監督自身も「 F1とF3のレースを見ているようだった」と赤い悪魔の格下ぶりに愕然としていた。

 フランス代表MFポール・ポグバをユベントスから142億円の移籍金で獲得することで合意に達したとレポートされているユナイテッドはイブラヒモビッチ、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、コートジボワール代表DFエリック・バイリーをすでに獲得している。過去2年間で移籍市場に500億円を費やした元祖爆買いクラブはハメスにも巨額投資に打って出るのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/23(土) 12:30

Football ZONE web