ここから本文です

香川先発のドルト、大型補強中のマンUに大勝。モウリーニョ監督は今季一発目の痛い黒星

フットボールチャンネル 7/23(土) 10:20配信

 現地時間22日にインターナショナル・チャンピオンズ・カップの中国ラウンド第1日目が上海で行われ、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントとジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドが対戦。

【写真】魅力的すぎる欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 新加入のウスマン・デンベレやゴンサロ・カストロが2得点を決める活躍をし、ドルトムントが4-1で勝利を収めた。トップ下で先発出場した香川は、古巣戦となったこの試合で63分までプレーをしている。

 まずは19分にエリア内の混戦からゴール前にいたカストロがゴールを決めてドルトムントが先制をする。

 36分には相手DFがエリア内でハンドをしてPK。それをピエール=エメリク・オーバメヤンが決めてリードを2点に広げた。

 57分には、ドリブルを仕掛けたデンベレがフェイントで相手DFを交わしてエリア内に侵入し、強烈なシュートを決めてさらにリードを広げる。

 59分には、スルーパスに抜け出したフアン・マタが飛び出した相手GKの前で中央にパスを送り、昨季までドルトムントに所属していたヘンリク・ムヒタリアンが無人のゴールにボールを押し込んで1点を返す。

 しかし86分には、再びカストロがエリア手前から豪快なシュートを放ち、4点目を決めた。

 この試合は、モウリーニョ監督にとって今季2試合目となる。しかし、主力を失いながらもこれまでのゲームを維持しているドルトムントに比べてチームは空回りし、早くも就任以来初の黒星を喫してしまった。

 これからユナイテッドは24日に行われる第2戦で、ドルトムントは28日に行われる第3戦でそれぞれマンチェスター・シティと対戦する予定となっている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/23(土) 13:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)